5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

徳南晴一郎 「怪談 人間時計」

1 :愛蔵版名無しさん:2006/08/08(火) 15:07:50 ID:1fvoDJKv
あまり情報は無いようですが、語りましょう。

2 :愛蔵版名無しさん:2006/08/08(火) 16:56:20 ID:???

┌────────────────────────┐
│   ∧  ∧                                 |
│  / ヽ‐‐ ヽ     ぶひひんスレ 認 定 証           |
│ 彡_,.ィ^' ‐、 _,,.ヽ                               │
│ 彡.  `‐-‐"^{" `リ       認定番号 第33171号    │
│ 彡  (    .`~l~                              │
│彡   ヽ     |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.     │
│彡    ヽ    l < ぶひひん、見ろ、>>1がゴミのようだ │
│      ( o o)  \____________     │
│                                    │
│   このスレが、2ch.ぶひひんスレ審査委員会の定める.  |
│   基準(ゴミのよう)を満たしていることをここに証する。.  |
│                                    │
│   平成18年 8月   2ch.ぶひひんスレ審査委員会.   │
│                    理 事 長  ひろゆき@管理人   |
│                    認定委員 三遊亭円楽.      │
└────────────────────────┘

3 :愛蔵版名無しさん:2006/08/08(火) 18:38:09 ID:L/fEkdTF
これあれだろ、消えた漫画家にのってた

4 :愛蔵版名無しさん:2006/08/09(水) 09:29:54 ID:???


5 :愛蔵版名無しさん:2006/08/09(水) 11:38:06 ID:???
なんともシュールなマンガだったよね。
一度読んだきりだけど、印象は強烈だった。

6 :愛蔵版名無しさん:2006/08/09(水) 21:27:24 ID:CwxuMAUt
主人公の名前、声タダシだっけ?

7 :愛蔵版名無しさん:2006/08/10(木) 03:13:42 ID:???
また人間時計みたいな狂ったマンガ読みたいなー
これは芸術的な狂ったマンガじゃなく、怪奇資本ブームの隙間産業みたいな怪作な訳だから
今の萌えマンガブームにも中にはイカレタのがあると思うんで、何か変なのがあったらぜひ教えて欲しい

8 ::2006/08/11(金) 00:57:40 ID:likRvah9
確かに一度読んだら忘れられない魅力がありますよね
あの時代独特の空気があるというか


9 :愛蔵版名無しさん:2006/08/12(土) 11:30:55 ID:sCe1ttZh
確かに貸本時代のマンガの画って、独特なパワーがあるよね。
楳図かずおにしろ、水木しげるにしろ、今のマンガにはない不思議な魅力がある。
徳南も画は下手だけど、彼の描く狂気の世界に否応なしにひきずりこまれてしまう。

10 :愛蔵版名無しさん:2006/08/13(日) 11:33:44 ID:Rp30GDGu
これ読んだけどよくわからんかったな。
芸術的っていうけど、理解不能だった記憶が

11 :愛蔵版名無しさん:2006/08/13(日) 17:28:37 ID:JMO+wih8
理解不能なだけに強烈に印象に残る。

12 :愛蔵版名無しさん:2006/08/15(火) 19:15:29 ID:???
これの作者って生きてるんだよね?
昔本で読んだけど今はどうなのか

13 :愛蔵版名無しさん:2006/08/17(木) 21:15:39 ID:???
もう故人ではないのか?

消えたマンガ家で絶賛されててその後復刊されたのを読んだが、シュールすぎて受けつけられんかった。

とことん陰鬱なしりあがり寿って感じ。

14 :1:2006/08/19(土) 21:55:44 ID:CoFOIGUm
wikipediaによるとまだご存命のようです。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%8D%97%E6%99%B4%E4%B8%80%E9%83%8E
けっこう本人が壮絶な人生を送ってきているのも、彼の作品の妖艶さを引き立たせてますよね。
しかし読み返すとやっぱいろんな意味でおもしろいなあ、思います。



15 :愛蔵版名無しさん:2006/08/19(土) 22:04:01 ID:???
確かに印象は強烈ではあった。でも意あまって力足りずの印象がある。
いかんせんマンガ家としての力量が足らなかったと思う

16 :愛蔵版名無しさん:2006/08/19(土) 23:20:25 ID:???
消えたマンガ家に書かれてた御本人の様子(会社勤めしてた時とか、取材拒否とか)が一番インパクトがあった。

17 :愛蔵版名無しさん:2006/08/20(日) 10:55:13 ID:99SXPGF6
だからなんですのん

18 :愛蔵版名無しさん:2006/08/21(月) 00:14:56 ID:TsyEW2bB
確かに大胆な発想に能力がついていかれなかった感じはあるが
その方面に与えた影響はでかいよね。そこは評価できると思う。

19 :愛蔵版名無しさん:2006/08/21(月) 00:18:04 ID:TsyEW2bB
確かに大胆な発想に能力がついていかれなかった感じはあるが
その方面に与えた影響はでかいよね。そこは評価できると思う。

20 :愛蔵版名無しさん:2006/08/21(月) 00:21:49 ID:TsyEW2bB
連投スマン

21 :愛蔵版名無しさん:2006/08/21(月) 00:42:02 ID:???
立っては30レスくらいで消えてゆく徳南スレ・・・

個人的に、印税請求の手紙の日付が「昭和80年」だった(らしい)ことにやられた。これは誰も真似できない。

22 :愛蔵版名無しさん:2006/08/25(金) 14:43:46 ID:???


23 :愛蔵版名無しさん:2006/08/26(土) 22:24:46 ID:???
>>21知ってる人が少ないんだからしょうがないわな
俺だって消えたマンガ家読んでなかったら絶対知らなかったし。

24 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 01:04:29 ID:???
尼僧カキリコ

25 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 23:53:16 ID:???
「カルト」だとか「読む麻薬」だとか、
そういうキャッチコピーに弱い一部の人にもてはやされているだけ。
確かに見るべき所はあるが
必要以上に持ち上げられていた感は否めない。
消えたマンガ家は文章が気持ち悪過ぎて途中で読むの止めた記憶がある。
QJはもはや1つの宗教じゃないか、と思う。

26 ::2006/09/02(土) 11:37:48 ID:MYyp2Ki6
人間時計を手に入れたいんですがどこにもありません。どこに行けばありますか??

27 :愛蔵版名無しさん:2006/09/02(土) 23:42:53 ID:l0DouTh9
>>26
つ オークション

28 :愛蔵版名無しさん:2006/09/04(月) 00:21:09 ID:???
まんだらけで買ったけど
もうねえかなあ

29 :愛蔵版名無しさん:2006/09/14(木) 21:37:23 ID:???


30 :愛蔵版名無しさん:2006/09/16(土) 13:40:04 ID:???
ネズミ

31 :愛蔵版名無しさん:2006/09/21(木) 01:30:45 ID:???
虹のプレリュード。

32 :愛蔵版名無しさん:2006/10/02(月) 17:01:58 ID:???
保守

33 :愛蔵版名無しさん:2006/10/05(木) 18:51:25 ID:???
本物の基地害ですよねこの人

34 :愛蔵版名無しさん:2006/10/06(金) 01:14:07 ID:???
クスリもキメないで
ここまでかけるってイカすぜ!

35 :愛蔵版名無しさん:2006/10/19(木) 11:34:42 ID:???
 

36 :愛蔵版名無しさん:2006/10/20(金) 20:38:21 ID:???
税金無駄遣いの
佐賀の役人、
こんなとこまで見てんじゃねーよ。

37 :愛蔵版名無しさん:2006/10/30(月) 01:00:38 ID:/3d4gHVg
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28386048

「孤客 哭壁者の自伝」徳南晴一郎/著 太田出版 1998年4月発行

38 :愛蔵版名無しさん:2006/11/16(木) 12:14:54 ID:???
ただのつまらんマンガとしか思えなかったけどなぁ。竹熊健太郎が
不必要にヨイショし過ぎただけ。



39 :愛蔵版名無しさん:2006/11/18(土) 02:13:16 ID:???
心のうちにある狂気を自覚しない人にとっては
ただの電波漫画だね

40 :愛蔵版名無しさん:2006/11/18(土) 04:07:54 ID:???
そうか。オレは十分自覚してるつもりだが、それでも
ノレなかった。「狂ったマンガ」等のコピーが大げさな
せいだろうが、マンガとしては意外にまともだった気がした。

41 :愛蔵版名無しさん:2006/11/20(月) 23:58:16 ID:zvtxl/R0
あげ

42 :愛蔵版名無しさん:2006/11/21(火) 00:37:16 ID:???
>>38
たけくまじゃなくて、QJの赤田祐一じゃなかったっけ?

ちなみに漏れも読後の印象は分裂気味の話だなー
と思った程度だった。
絵やコマ割りが一昔の古い感じだったからリアリティなかったのかもしれん。

43 :愛蔵版名無しさん:2006/11/21(火) 01:15:01 ID:???
だからホームランはきらい!
とか狙ってないのに笑えるタイトルが
大好きだ

44 :愛蔵版名無しさん:2006/11/21(火) 08:42:08 ID:???
「幻の奇書」だの「10年に一度の怪作」だの、アオリが大げさだよな。
人間時計そのものの良さを否定する気は無いが、マジで狂ったマンガは
他にもあるだろ。
「呪われた巨人ファン」とかw

45 :愛蔵版名無しさん:2006/11/24(金) 06:00:00 ID:???
主人公のワカメ状の髪の毛に狂気を感じる。

46 :愛蔵版名無しさん:2006/11/25(土) 01:38:07 ID:???
声タダシのニートっぷり
時代先取りしすぎ

47 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 03:12:25 ID:???
ヘッヘッヘッ、復刻版(ページ横が赤いやつ)持ってるぜぃ
主人公の苗字が「声」ってのからして相当キテるけど、何よりも絵だな
あの溶け崩れたような恐ろしい絵は何をどうすりゃ描けるんだろうな
絵がヘタとか独特とか、もうそういう次元じゃないよアレ
話は難解、唐突な展開、これをまともな漫画家が描き直したらさぞ
つまらない漫画になることでしょう
しかし徳南先生が異次元からヒネリ出し絞り出すかのように描いたからこそ
こんなアナザーワールドが出来たんでしょうな

「よかった 彼… どもりだった!(ホッ)」このセリフも今見ればスゲー

48 :愛蔵版名無しさん :2006/12/16(土) 14:44:53 ID:cGPELWE2
異常な発想
異常さが素晴らしいと思える人もくだらないと思う人も、とにかく「異常」である事は認める
計算された異常さでない事は確か。
正直気持ち悪い、がなんか惹かれる

49 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 17:44:44 ID:???
なんかイってる人って、誰かと話してても目線あわせずナナメ下とか一点見つめ
ながらずーっと早口、小声でしゃべってるじゃない、
そういう感じが漫画にも出てる気がする
ストーリー展開とか、歪んだ方向に一度設定されたら修正もかなわず一直線に
狂っていく世界
それがカルトなんだと思う。

50 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 20:45:52 ID:???
QJのあの装丁が苦手でシリーズ全部買ったのに全部売っちゃった。
徳南は青春マンガのほうが狂気を感じたので
もう少しマトモな装丁で出るならまた買ってもいい。

51 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 23:57:01 ID:???
おれもあのしょぼい装丁は嫌いだった。
ちなみに人間時計の原本の表紙は、やばいよ。
見ただけで、あの狂った世界に引き込まれそうになる
まがまがしいパワーがある。
あの表紙まで復刻して本屋に並べるのは、確かにいけないと思う。

52 :愛蔵版名無しさん:2007/01/04(木) 19:09:28 ID:???
平凡太郎の奇跡

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)