5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●心からまったりと杉浦日向子について語ろう 2●

1 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:29:41 ID:???
┌────────────────────┐
│年寄りの侘住、退屈でならないから        .│
│何ぞ杉浦日向子さんの話でも聞かせておくれ。 .│
└─── y.────────────────┘

     ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
      ( ・∀・ ) < 過去ログ等は
     O旦と_ )  |    >>2-10あたりに貼っておくぞ
      (. (___つ .  \_______ 
. . ∋(# # # # #)∈  

前スレ
●心からまったりと、杉浦日向子について語ろう●
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1011630130/

2 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:30:23 ID:zB37K0QU
           ∩ノ
          / つ
         / /  / ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧ ∧/   < 美光!
     ⊂(><) 彡   \
        ⊂彡       ̄ ̄ ̄ ̄
   ____●●●___ バイーン
 / 〇 〇 \|/  /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

3 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:31:40 ID:???
【漫画】
ゑひもせす
二つ枕
百日紅
ニッポニア・ニッポン
風流江戸雀
合葬
YASUJI東京
百物語
東のエデン
とんでもねえ野郎

【エッセイ】
江戸へようこそ
大江戸観光
江戸アルキ帖
ウルトラ人生相談
東京イワシ頭
呑呑(のんのん)草子
入浴の女王
対談 杉浦日向子の江戸塾
一日江戸人
お江戸風流さんぽ道
大江戸美味草紙(むまそうし)
ごくらくちんみ
4時のオヤツ
隠居の日向ぼっこ

4 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:32:08 ID:???
【共著】
その日ぐらし―江戸っ子人生のすすめ
江戸戯作 新潮古典文学アルバム
平成版 学問のすすめ―新鮮な驚きと出会う知の方法 みんなに聞いて欲しい心の物語
東京観音
いろはカルタに潜む江戸のこころ・上方の知恵
自由の森で大学ごっこ〈2〉
神隠し譚
ソバ屋で憩う―悦楽の名店ガイド101
もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店
お江戸でござる―現代に活かしたい江戸の知恵


5 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:35:24 ID:???
【杉浦日向子さんのお写真 】
ttp://www.chikumashobo.co.jp/top/050803/photo.jpg
ttp://img.zakzak.co.jp/gei/2005_07/image/g2005072505sugiura.jpg

【「70年代マンガアンケートベスト5」杉浦さん回答(雑誌「マンガ宝島」) 】

杉浦日向子(マンガ家)
長編
 さようなら女達・大島弓子
 バナナブレッドのプディング・大島弓子
 孔子暗黒伝・諸星大二郎
短編
 勝又進
 楠勝平
 安西水丸
 鈴木翁二
 一ノ関圭

「私がマンガを読み始めたのが既に70年代末という情けない状態では
ありますが、心に残るものは、ちゃんと本棚に並んでいました。
長編の「孔子…」は感動というより感心なのかもしれません。
大島さんのは繰り返し読んでいます。
短編ではなんと言っても勝又さんです。何より私がマンガを描きたいと
思ったきっかけです。もっとたくさん勝又さんの作品が読みたいと日がな
思いくらしています。 」

6 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:37:52 ID:???
【対談、インタビュー等・1】

スピーチバルーン・パレード マンガをめぐる女たちの冒険:米沢 嘉博編著
 (若い女性漫画家のインタビュー集 20代後半頃の先生のすごく良く撮れている 写真数枚あり。)

師弟(または師弟物語 内、「出藍の誉 稲垣史生と杉浦日向子」):佐高 信著
 (稲垣師匠と出会ったころのエピソード 業界で恐れられていた師匠にとてもかわいがられていた事が良くわかる。)

「対談」見た!世紀末:高橋 克彦著
 (前世の話、幽霊を見た話etc)

人生対談 話の秘密箱:嵐山 光三郎編著


7 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 22:38:37 ID:???
【対談、インタビュー等・2】

この人に逢いたかった!上巻 (中公文庫):景山 民夫著

今月の困ったちゃん:内田春菊著
 (ハードカバー版のみ対談あり)

風と歌おう 立松和平対談集:立松 和平著

海の声、山の耳 立松和平対談集:立松 和平著

季節の思想人 佐田智子interviews:佐田 智子著

現代に生きる江戸談義十番:竹内 誠著

天野祐吉の話半分 前半分 :天野 祐吉著者代表

空想と科学 北村想の宇宙:北村 想〔ほか〕著

林真理子のおしゃべりフライト:林 真理子〔ほか〕著

佐高信が行く 地の巻 人を旅する平成19人衆:佐高 信著

今、この人を見よ!佐高信が褒める:佐高 信著

8 ::2005/09/16(金) 22:40:20 ID:???
これでいいのかな?
テンプレ等不備がありましたら訂正及び補完よろしく。

9 :794:2005/09/16(金) 23:04:49 ID:kqTeMn6w
>>7 追加です。

昭和遣唐使3000人の旅:中島梓/編著
(1984年杉浦さんが日中青年交流代表団に作家連中では最年少で参加した時の様子と、
杉浦さんによるイラスト12ページあり、写真多数。)

漫画家名鑑:日本漫画学院・木村忠夫/編
(インタビュアーの質問があまり他の本とかぶっていなくて良い。)

アホウドリの女性不案内:阿奈井文彦/著
(スピーチバルーン・パレードとほぼ同じようなインタビュー内容。)


10 :愛蔵版名無しさん:2005/09/16(金) 23:39:10 ID:???
>>4
共著に『神隠し譚』が入ってるけど、共著というよりアンソロジーでは?
あと、『妖髪鬼談』とか『奇譚カーニバル』、『闇夜に怪を語れば』とかも入れて
【アンソロジー】ってのを作ってはどうでしょうか?

11 :修正:2005/09/17(土) 00:05:52 ID:uzU0xuUk
【共著】
その日ぐらし―江戸っ子人生のすすめ
江戸戯作 新潮古典文学アルバム
平成版 学問のすすめ―新鮮な驚きと出会う知の方法 みんなに聞いて欲しい心の物語
東京観音
いろはカルタに潜む江戸のこころ・上方の知恵
自由の森で大学ごっこ〈2〉
ソバ屋で憩う―悦楽の名店ガイド101
もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店
お江戸でござる―現代に活かしたい江戸の知恵

【アンソロジー】
神隠し譚
妖髪鬼談
奇譚カーニバル
闇夜に怪を語れば


12 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:07:20 ID:XhOerDYx
【未収録作品】
アサヒグラフで不定期連載していた「志摩屋福太郎」シリーズ

 1983. 1.14 「落花狼藉」    1984. 8. 3 「百物語」
 1983. 4.29 「三味線枕」    1985. 5.31 「梅雨のはて」
 1983. 7.29 「海千山千」    1987.10.16 「秋色とりどり」
 1983.10.14 「新宿綺譚」    1985. 1.4-11 新春江戸之七景
 1984. 1.20 「徳若に御万歳」  1986. 1.17  江戸の新春・七景


13 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:13:17 ID:???
うつくしく、やさしく、おろかなり            杉浦日向子

(略)
 なんのために生まれてきたのだろう。そんなことを詮索するほど人間はえらくない。三百年も
生きれば、すこしはものが解ってくるのだろうけれど、解らせると都合が悪いのか、天命は、百
年を越えぬよう設定されているらしい。なんのためでもいい。とりあえず生まれて来たから、い
まの生があり、そのうちの死がある。それだけのことだ。綺堂の江戸を読むと、いつもそう思う。
 うつくしく、やさしく、おろかなり。そんな時代がかつてあり、人々がいた。そう昔のことではない。
わたしたちの記憶の底に、いまも睡(ねむ)っている。
 江戸の昔が懐かしい、あの時代は良かった、とは、わたしたちの圧倒的優位を示す、奢った、
おざなりの評価だ。そんな目に江戸は映りやしない。
 私がなぜ江戸に魅せられてやまぬのかを、人に語るのはむずかしい。惚れた男が、相馬の金さん
のようなやつだった場合、親きょうだいに、かれをなんと説明したら良いのか。それと同じ気持ちだ。
 いい若いもんで、ぶらぶら暇を持て余している。とくに仕事はない。たまに友達と、ゆすりたかりを
する。ちょくちょく呑んで暴れるけれど、喧嘩は弱い。でもかあいい。なによりだれよりかけがえない
のだよ。
 私が惚れた「江戸」も、有り体に言えば、そういうやつだ。
 近年「江戸ブーム」とやらで、やたら「江戸三百年の知恵に学ぶ」とか「今、江戸のエコロジーが
手本」とかいうシンポジウムに担ぎ出される。正直困る。つよく、ゆたかで、かしこい現代人が、封建
で未開の江戸に学ぶなんて、ちゃんちゃらおかしい。私に言わせれば、江戸は情夫だ。学んだり手
本になるもんじゃない。死なばもろともと惚れる相手なんだ。うつくしく、やさしいだけをみているのじゃ
駄目だ。おろかなりのいとしさを、綺堂本に教わってから、出直して来いと言いたい。
 江戸は手強い。が、惚れたら地獄、だ。

                                   ちくま日本文学全集「岡本綺堂」解説

14 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:14:37 ID:???
【2003年1月29日 徹子の部屋】

34の年に思い立ちまして隠居しようと、隠居宣言というものをしまして。
一朝一夕になれるものじゃないんですね。やっぱり世間様に認めてもらわないと

ものはちゃんとリサイクルに回すようにしまして。ほとんど物を買わないですね。
隠居してから。着回してますしそれこそリサイクルショップで古着をかう。
これなんかも古着なんですけども。物を増やさない持たない出世しない、
つまり去年の年収よりも今年は上回らなくてもいいという暮らしぶりなんですね。
それと悩まない。この3無いなんです。

17の補時に長く生きたなという感じがしまして
後倍折り返し34まで行ったら隠居したいなと漠然と思っていたんですね。

私早いんですよ。4時半の1番最初のテレビから見てるんです。

10時には一応寝て大き。それから2時ぐらいにいったん起きたりして
ちょっとお酒を飲んだりしながら細切れに寝たり起きたりなんですが早寝で早起きです。
朝早く暗いうちから起きてしらじら明けを見るのが好きですね。
でその間に今日は何しようかなと雲行きや空模様をみながら考えを立てていくんですね

船道楽。それだけはやめられない。船に貢いでいますね。
間男に貢みたいに船に貢いでいますね。
102日間乗って南半球1周してきました。マゼラン海峡と喜望峰を回って
すごい波ですね。大揺れが楽しくてね。
エレベーターの1階から3階までぐらい行ったり来たりをするぐらいにゆれるんです。
ベットに腹ばいになっているとフーと浮くような感じでイルカになったみたいです。


15 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:15:42 ID:???
1603年に江戸開府ということでたかだか400年なんですよね。
京都の方ですと1200年以上経ってますから。

日本の歴史でいうと新興都市なので余計に面白いですね。
合理的にできてますし私たちの生活ととても似通っていますね。

日本橋の大橋は日に千両落ちるというすごい活気を呈したところで
当時江戸の町が人口100万人で
同じ時代のパリやロンドンの倍以上あったというぐらいの大都会だったんですね。
そんな中で生まれた文化ですから本当にエキサイティングで面白いですね。

本当に坂東の片田舎ということですべて上方の模倣していたんですね。
京都や大阪から下ってくるもの下り物を珍重しましてブランド化しておりまして
、京都から京都や大阪から下ってくるものはみんな高級でいいものだ。
それ以外のものは下らないものだ。
下ってこないものはたいしたことはないということで”くだらない”という言葉が


16 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:16:23 ID:???
京都は本当に伝統文化なんですけども。江戸はサブカルチャーが育った町なんですよね。
そばにしてもそうなんですけども五穀のほかの雑穀なんですよね。
それはケイコクショクだったわけでおコメが食べられなかった地域で
やむを得ずに食べていたんですがそれを粋な食べ物に作り替えちゃったのが江戸っ子の知恵。

お寿司屋さんは立ち食いの名残なんですね。
3つ4つつまんですっといくのが粋な食べ方で、
どっしり腰を落ち着けてたばこでもふかしていると野暮ったいわけなんですよね。
お蕎麦やさんは大人のパブのような忙しいからそばで済まそうじゃなくて、
午後ヒマだからそば屋で1杯やろうという使い方

志ん朝さんは素晴らしかったです。
日本橋の室町おそば屋さんだったんですけども何度かご一緒するんです。
奥の突き当たりの目立たないテーブルで召し上がってらっしゃるんです。
目にすると手招きしてくださるんです。
でも私のあこがれのプリンスですから向かい合わせに座るとドキドキしちゃって
何も何も味わっているのかわからないくらい舞い上がってしまって
で志ん朝さんのおそばの食べ方のきれいさ。
蕎麦のほうから吸い込まれていくようにするするとおそばの滝登りみたいな感じで音もさわやかだし
あの形を目にしたら恥ずかしくて蕎麦を手繰れなくなりましたね。人前でね



17 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:25:04 ID:???
TAMIYA NEWS 1983 5月号より抜粋

模型ファンをたずねて  杉浦日向子

最初に作ったプラモデルが、タイガーT型でした。印象!?゛面白い"の一言でした。
もう、次ぎから次ぎという感じで製作が続いたんですよね。とにかく、ハーケンクロイツものを好んで作りました。
その頃は、タミ-ちゃんとかバービードールとか女のこの間で大人気だったんですけど、
゛着せ替え"というのがどうも性に合わなくって・・・。自分自身、それで充実していましたので、
まわりの女の子とか、別に気になりませんでした。コンバットがカッコよかったですねえ。

時代物というと、今の自分の生きている時代とはなれているから客観的に見れる、つまり事務的に
処理できるんですよね。それから、きまりごとがあるから、この時代にこれはおかしいという感じで、
ストーリーが限定されてくるでしょう。機械的に処理していけばなにか話ができると・・・
資料を集めて整理するのは苦にならないから、向いているというか楽なんですよね。
゛資料集め"がメインで、その副産物にマンガができていく、という感じですね。
理数系が得意で、もともとはエンジニアを目指していたんですよ。


18 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:27:31 ID:???
1999年のクロワッサンより
「酒、蕎麦、銭湯は日常の男という感じ。舟遊びは間夫だから、金もかかります。」

隠居を宣言し、仕事を減らして4年。週に一度のNHKの収録以外は、
必要なだけしか働かない。

「で、何のために働くかというと、船です。私、アル中ならぬ船中と
呼ばれてて、仕事のない時は小笠原とか、新潟とかへすぐ船で行っちゃ
います。どうしても戻らないといけない日に飛行機とかで帰る。お金
かかります。一人旅だから割高だし。でも、間夫ですから。
日本の船のいいのは、大浴場があるところ。風呂につかって、酒を飲
んで、海と空を見て。普段は蕎麦屋と銭湯と居酒屋の組み合わせ。家
から自転車で動ける範囲をぶらぶらしてます。こっちは日常の男だか
ら、金かけないの」

貯金はしないが借金もしない。引き換えに捨てるものがあってこその
真剣な遊び。そこに潔さがある。


19 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:29:23 ID:???

たのしいくらし                     杉浦日向子




 ごぶさたしています。お元気ですか。筆不精ですみません。元気でやっています。

 自転車買いました。二十六インチ変速機なし、アルミの軽いやつです。晴れた日には、これでどこまでも行きます。
初めの二、三十分は、そうでもないのですが、一時間先こぎ続けていると、とてもいい気持ちになって来ます。
ジョギングやマラソンをする人に、ランナーズ・ハイという快感があるそうですが、そんなのに似てる気がします。
自転車は愉快です。ペダルに乗せた足を上下させているだけで、ぐんぐん前へ進みます。
この単純運動は、呪文のようです。
えいえい漕いでいると、額の汗が、風でスースー消えるのと一緒に、いろいろなことを忘れて行きます。
ハッカ糖を食べた後に、水を飲んだみたいな気持ちになれます。

 毎日が、穏やかに過ぎていきます。
朝起きて、食事して、トイレして、自転車漕いで、風呂入って、少し酒飲んで、眠ります。
無事これ名馬の伝にならえば、何事もない日々こそが最良の人生なのかもしれません。
惰眠の日々を、思う存分にむさぼっています。
生きてここにあることを忘れてしまいそうなほど、しあわせです。

 近況を知らせて下さい。声を聞かせて下さい。では、今日はこの辺でさようなら。




                               (「東のエデン」(平成元年発行) あとがきより)

20 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:35:17 ID:???
思想の科学 1994 12月号より抜粋

台風が近づいています。台風の日には、なぜか決まって、子供の頃を思い出します。
近所の神田川が、たびたび氾濫してひどい目に遭ったので、台風は、いつでも家族の
一大事でした。 古い木造の粗末な家は、雨風にドロドロと総身を震わせ、
私達はまるで、轟く太鼓の中に閉じ込められた鼠一の家のようでした。

時は不思議ですね。あれから年月が経、自身や周りは、こんなにも変わっているのに、
気持ちだけは、子供のままの新鮮さで、台風毎に蘇ります。



「スピーチバルーン・パレード」より抜粋

(彼女は小学校高学年の頃から戦車のプラモデルを作っていた話をした後次のように語っている。 )

杉浦 本を重ねて山を作って、兄がアメリカ軍、私がタイガー戦車でやられる役とか(笑)。
兄の影響が強かったみたいですね。初めて買ってもらった着せかえ人形が
・GIジョー・でしたから(笑)。‥‥‥大きくなったらジオラマを作るんだ、
と思ってたんですが、・まだ・実現してないんですよね。
───今でも続いてるわけですか。
杉浦 新しいのが出ると買うんですが、組み立てる時間がないので、老後の楽しみにとってあるんです。


21 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:43:30 ID:???
>>1
乙です。百物語語り出しGJ!

22 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 00:57:58 ID:???
生前のインタビュー
ttp://www.tcvb.or.jp/jp/rashai_tokyo/interview/b_sugiura.htm

産経新聞7月27日の「産経抄」
由紀さおりさんの語った酒豪ぶりのエピソードなど
ttp://www.sankei.co.jp/news/050727/morning/column.htm

久住昌之
ttp://www.qusumi.com/nikki.html (抜粋)
7月25日(月)杉浦日向子さんが
まさかのニュース。 同じガロでデビューした同い年。 ガンで亡くなるなんて。
  さっき外に出た帰り、なぜか急に蕎麦が食べたくなり、久しぶりにまつやに行って
もり蕎麦一枚とビールの小びんを頼んだ。 虫のしらせだったのかな。
  実は一昨日、荒木径惟さんの写真集にすごく痩せた杉浦さんのような人が 写っていて、

  ふたりで結構したたか飲んだこともある。 あの時はトイレに行ってる隙に勘定された。
くそ、あの時の借りをかえしていないじゃないか。奢られっ放しは悔しいやい。
  すごく飲んでも「酔っぱらって最後のほう憶えてない」なんていう飲み方は
「お酒がもったいない」というきれいなお酒の人だった。 博多で御一緒した時もあるな。
  ロックバンドのザ・バンドの「Music from Bigpink」が大好きで擦り切れる程聴いていたり、
小学校の時プラモデル作りに夢中になって、作ったのが「タイガー・型」という意外なところがあり、
しかしそこが僕と共通だった。

  離れていても、活躍していることがうれしい友達だった。友達であることがどこか誇らしかった。
 江戸方面のことは杉浦さんがやりつづけているから大丈夫、と思っていた。甘えてたな。
  また、日のあるうちから蕎麦屋飲みしたかったです。 ボクはビールを最初に飲むけど、
杉浦さんは最初から冷やだったな。それも常温の。闇太郎で、「杉の森」飲ませたかった。
 今夜は杉浦さんの分を僕が飲もう。
  きっと今頃、あの世の江戸の町を颯爽と歩いているでしょう。
 大川の川べりでいい風にあたっているかもしれない。
  御冥福を心よりお祈りします。合掌。

23 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 22:32:40 ID:???
前スレの1000、いいねえ。

24 :愛蔵版名無しさん:2005/09/17(土) 23:09:39 ID:???
うん

25 :794:2005/09/17(土) 23:49:44 ID:EIwYWIXJ
日向ちゃん先生は、お江戸でござるの前はどんなTV番組に出てたのかな。
憶えている方語ってくださいYO!

26 :愛蔵版名無しさん:2005/09/19(月) 23:08:50 ID:???
>25
タイトルは忘れたけど、NHKで歴史の謎についてある人が自説を述べる。
それに対して二人くらいのゲストが意見・感想を述べるような番組があって
忠臣蔵だかの舞台について、誰かが新説を述べた回にひなちゃんがゲストに出てて
あの笑顔でありながら、けっこうケチョンケチョンに言ってた覚えがある。
実際聞いてても、新説があまりに突飛すぎるのに対して
ひなちゃんの意見は、ものすごく説得力があった。
江戸の風俗とか、当時の隠語とかを踏まえてのものだったから。

歴史発見とかの一連の番組に続いている番組だったと思う。
記憶があやふやですまないが。

27 :愛蔵版名無しさん:2005/09/19(月) 23:48:45 ID:???
>>26
杉浦さんは赤穂浪士の討ち入りに否定的で、
忠臣蔵も嫌いだったみたいね。どんな御膳立があっても集団での人殺しなんて、って。
どっかで書いてた。

優しい人だったんだなあ…

28 :愛蔵版名無しさん:2005/09/20(火) 00:07:48 ID:???
ドラゴン村上のRyu's Barに出てたのを見たはずなんだが、何しゃべってたか
ほとんど記憶がナイ・・・

29 :愛蔵版名無しさん:2005/09/20(火) 01:53:58 ID:???
>>27
『吉良供養』の先頭でこう書いてるよ
> 「大義」が殊更物々しく持出される時人が大勢死ぬ。
> 快挙とも義挙ともはた壮挙とも云われる義士の討入はまぎれもない惨事だと思う。
> ヒナコ

そして終わりに
> 事後二百八十年、今尚この「大量殺戮」は賛美され赤穂主従の墓所泉岳寺も大そうな景気だが、
> 片や吉良家の「忠臣」は、その埋骨の地点さえわからない。
> 曰く
>  大義悉くを滅す    と。

> 以テ銘ス可シ穴賢。

30 :愛蔵版名無しさん:2005/09/20(火) 17:26:19 ID:???
喰うて糞(はこ)して寝て起きて、死んでしまう命とは知りながら、めったに金を慾しがる人情は、
唐(から)も大倭(やまと)も、昔も今も易(かわる)ことなし。
--
平賀源内 根無志具佐 自序

今も変わらないなー、と思う。
でも平賀源内がそう言った後で。北斎たちが"人間が積極的に生活し得る価値観を大量に生産し
始めた"ということがどこかに書いてあった。


もっと馬鹿なことを一杯やって、浮世をもっと楽しもう。

31 :愛蔵版名無しさん:2005/09/20(火) 21:42:50 ID:???
百日紅の「野分」何度読んでも泣けてくる…

「だいじょうぶだよ」「たいしたことないよ」「すぐなおるよ」「ねえ」
「・・・」
「だから おとっさん 連れてきとくれよ」
「…鉄蔵は 泣虫だからなぁ…」
「ばかだねえ わたしだって泣虫だよ…」

「いっちゃったよ」

号泣。

32 :愛蔵版名無しさん :2005/09/20(火) 23:27:30 ID:???
赤穂浪士の討ち入り事件は、周到に準備されたテロ以外の何物でもないのに
今年も年末になるとテレビに忠臣蔵が溢れるんだろうな。

33 :愛蔵版名無しさん:2005/09/22(木) 16:12:03 ID:???
「呑々草子」を読んでいる。
こうなってから改めて読むと、楽しいエッセイではあるんだけど
時々さす死の影にドキリとさせられる。

それはそうと、ポはまだ編集をやってるのか
杉浦さんとは編集と作家の枠を超えて、気が合っていたようだから
ずいぶん辛い思いをしただろうな。

34 :愛蔵版名無しさん:2005/09/22(木) 20:29:45 ID:???
ポワ−ルさんは、最近では福井晴敏氏の担当などされているようですよ。
参考 http://www.sankei.co.jp/databox/aegis/series_whyaegis/02.html

杉浦さんが逝ってしまったことは悲しいけれど、少なくとも“人間2回目(しかも
1回目も日本人)”で、17歳で「長く生きたな〜」と思うような人だからね。
フツーそんな高校生いないよw

35 :愛蔵版名無しさん:2005/09/23(金) 10:30:51 ID:???
>34
おや、ポさん姓が変わっておられないということはまだ未婚ですかね。
(最近は夫婦別姓ということもあるからわからないけど)
「呑々」では「いつかはこれで祝い酒」なんて書かれたりしてたね。
いまやベテラン編集者なんでしょうが、今もあの柔らかい半笑いの
お顔のままかな?

36 :愛蔵版名無しさん:2005/09/28(水) 20:34:17 ID:???
安政大地震に関する本に「閑中忙あり」のトノサン(本多中務大輔)の名前があった。
一応モデルは実在の人物だったのかw


37 :愛蔵版名無しさん:2005/09/28(水) 22:02:28 ID:Mi/2wNTY
>>36
幕府のエロい人?

38 :愛蔵版名無しさん:2005/09/28(水) 22:03:27 ID:dYfiWVoh
 日本の 民 主 党 は、日本国内に数十万人もいる反日的で野蛮な在日朝鮮人に、日本の選挙権を与え、 民 主 党 に投票させようと画策している。

 在日朝鮮人の大部分は、戦後のドサクサで勝手に密入国した不法滞在者とその子孫だが、「強制連行された」と真っ赤なウソをつき、被害者のフリをして日本国内に居座っている。

 収入あっても税金払わず、しかも在日朝鮮人の半数近くが毎月二十数万円の生活保護をもらい、日本人の悪口を言いながら優雅に遊び暮らしている。

 マンガ「 嫌韓流 」が隠れたベストセラーになっている。「隠れた」というのは、在日朝鮮人に実質支配されている日本の大手マスコミが、この本の広告掲載を拒否しているから。

39 :愛蔵版名無しさん:2005/09/28(水) 22:59:31 ID:???
>>36
ググってみた
>>37
かなり

本多平八郎忠勝/ほんだ へいはちろう ただかつ
 1548(天文十七年)2.8〜1610(慶長十五年).10.18
 幼名/鍋之助

 徳川十六神将に数えられ、
 かつ徳川四天王にも名を連ねる猛将である。

 小田原成敗後、
 家康の関東移封に伴い上総10万石・大多喜城を拝領。
 関ケ原合戦後、伊勢・桑名に移封。
 官位は従五位下・中務大輔。

 忠勝自身、松平譜代の家臣としての本多家の5代目に当たるが、
 大名となったのは忠勝が最初であり(上総・大多喜)、
 以降、明治維新まで16代続く「本多中務大輔家」の祖でもある。

ttp://www.geocities.co.jp/Berkeley-Labo/1234/t01/t0101.html

40 :愛蔵版名無しさん:2005/09/29(木) 06:21:41 ID:???
「にっぽん丸」のクルーズで時々おあいした。
実に丁寧な方でした。

41 :愛蔵版名無しさん:2005/09/29(木) 13:22:28 ID:???
>>39千葉にゆかりの深い殿様の子孫だから、トノサンの許嫁の朝子さんも木更津の
人なのかな。

>>40ウラマシィ・・・ できれば詳細お願いします。

42 :愛蔵版名無しさん:2005/09/29(木) 20:01:02 ID:???
様々な作品に登場するキャラクターがどれも魅力的だよね。個人的には
「ニッポニア・ニッポン」の馬風先生・若・おかつの3人組が特に好き。

43 :愛蔵版名無しさん:2005/09/30(金) 11:02:56 ID:???
「隠居の日向ぼっこ」読みました。
「風流江戸雀」に通じる装丁に懐かしさがこみ上げて
つい、古い本を引っぱり出す羽目に。

44 :愛蔵版名無しさん:2005/09/30(金) 13:01:12 ID:???
>>42
いいですよね、「ニッポニア・ニッポン」の三人組。
あのシリーズもっと読みたかった。
おかつの双子の兄さんが見てみたかったな
NHKの金曜時代劇あたりで上手にドラマ化してくれないものか。
それにしても、杉浦作品って何故かドラマ化・映画化しやすそうで
されてませんね。作者の許可が出なかったのかな?

45 :愛蔵版名無しさん :2005/09/30(金) 20:51:47 ID:???
でも杉浦さん原作だと作る側も相当な覚悟がいるというか、
中途半端なものは絶対に作れないよね。
個人的には百日紅とかドラマで見たいのですが。

46 :愛蔵版名無しさん:2005/09/30(金) 21:36:22 ID:???
>>45
自分は「とんでもねえ野郎」が見たいな。
多少役者のイメージや細部が違っても
あのゆるい日常の雰囲気が出せてりゃ楽しめそう。

47 :愛蔵版名無しさん:2005/09/30(金) 23:03:17 ID:???
半分は焼いて、残りはおつゆがいい

48 :愛蔵版名無しさん:2005/09/30(金) 23:06:58 ID:???
>45
そう言えば、時代劇のまげについて書いていたっけね。
もっとあか抜けたまげは出来ないものかって。
遠山の金さんのまげなんて太くて曲がってて、なまこの甲羅干しだとかなんとか。
杉浦作品を映像化するには、なんといっても本田髷を作ってもらわねば。

49 :愛蔵版名無しさん:2005/10/01(土) 21:54:48 ID:???
2005年08月02日
合掌
 もう初七日杉田かおり……じゃない、過ぎたかと思うが、杉浦日向子さんが亡くなった。合掌。
 そういえば、一年前くらいから、「ガンでヤバい」、という話をどこかで聞いたような気がする、と新聞記事を見た時思った。
 杉浦さんには会ったことはないけれど、一度、「月光」で「白犬」というマンガを描いて
もらったことがある。前世が「白犬」であることを悟ってしまった若い修行僧の話。原稿
の注文か、催促かなにかで、電話したら、お母さんが電話に出て、「日向子は、今、
お風呂に入っておりまして」と言われた。午後五時過ぎくらいだった。
「大のお風呂好きという噂は本当だった!」と思ったものだった。
(まつざきあけみ先生は大の相撲好き。場所中、午後四時〜六時に電話すると怒られます)
 杉浦先生には「原稿(「白犬」の)は返却してね」言われていて、返した積もりだったが、
この間調べたら、事務所の片隅にまだ置いてあった。す〜み〜ませ〜ん。化けて出ないで。


50 :愛蔵版名無しさん:2005/10/03(月) 22:19:39 ID:???
杉浦さんの本を読んでいくと、江戸っ子とVIPの気質が似ているように感じる

51 :愛蔵版名無しさん:2005/10/03(月) 23:28:43 ID:???
「とんでもねえ野郎」、主人公がほんとに弱いってとこがいい。
若菜さんて出来た奥さんだな−と思ってたけど、結構神経太いかも。
じゃないとあの人の奥さんはつとまらんなとオモタ。

52 :愛蔵版名無しさん:2005/10/07(金) 22:28:26 ID:???
「ヤ・ク・ソ・ク」の中で
若旦那が彦三に
「お前、お腹が北山時雨だらう。何かとるかへ?」
って言ってるんだけど
なんで「北山時雨」?わかるひといる?

53 :愛蔵版名無しさん:2005/10/07(金) 22:33:25 ID:???
>腹が北山(はらがきたやま)[=は北山時雨(きたやましぐれ)] 「北」を「来た」に掛けて、腹が空いてきたことをいう洒落。


54 :愛蔵版名無しさん:2005/10/10(月) 01:07:15 ID:???
腹がすいてきた、
腹がすいて北山時雨
腹が北山時雨

なるほどそうだったのか、ありがと!

55 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 17:04:50 ID:phE2UmSt
マルチスマソ

報道ステーション
▽江戸の心伝えた杉浦日向子さん笑いの裏の壮絶な人生
ttp://tv.yahoo.co.jp/bin/search?id=36702405&area=tokyo

56 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 18:54:26 ID:???
>>55
thx!!!!



57 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 23:16:02 ID:???
ウヘァ、もう終わっちゃいました?見たかった・・・・・・・

58 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 23:24:53 ID:???
※番組内容を一部変更してお送りしました


テレ朝ああああ!!

59 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 23:25:36 ID:???
いつやるんだろ?お蔵入り?

60 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 23:26:26 ID:???
>>TBSだの楽天だののニュース30分以上やってて
番組内容変更だとよ。
あ〜最後まで見てて損した。



61 :愛蔵版名無しさん:2005/10/13(木) 23:33:19 ID:???
きっと明日から毎日番組表チェックして
ふっと油断した隙に放送されたりするんだよなorz

みなさん、気付いたらここに情報よろしくおながいします

62 :愛蔵版名無しさん:2005/10/14(金) 00:06:23 ID:???
もうそっとしておいてということかも。

63 :愛蔵版名無しさん:2005/10/14(金) 00:51:44 ID:???
なんだびっくりした
「江戸の心伝えた杉浦日向子さん」「笑いの裏の壮絶な人生岡八朗さん」
じゃないか
変な抜粋の仕方するない!w
どちらも見たいなあ

64 :愛蔵版名無しさん:2005/10/14(金) 23:20:54 ID:???
村上さんありがとう、見逃さずにすんだ

65 :愛蔵版名無しさん:2005/10/14(金) 23:57:11 ID:???
うわ。びっくりした。
ありがとう村上さんw
でもいつやるんだろうなあ。

66 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 02:27:36 ID:???
やっぱり見逃したらしい_| ̄|●

67 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 04:50:45 ID:???
ほんの一分程度です。
兄夫婦の短いコメントと筆談用のFAXや本人の写真が数点紹介されたのみ。


68 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 18:51:00 ID:???
見逃してがっかりするほどのことではなかったです。
手紙?はかわいいと思ったけど。

69 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 21:05:22 ID:???
そのように言いたかった。
「がっかりするほどのことではなかったです。」

え?可愛い手紙?
やっぱり見たかったです。orz

70 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 22:38:46 ID:???
_| ̄|● ぁあぁぁぁぁぁぁぁ可愛い手紙ぃいぃぃぃぃぃ

でもいいや
あきらめも肝心

71 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 23:14:04 ID:???
年末の徹子の部屋のお悔やみ特集でもやるでしょ。

72 :愛蔵版名無しさん:2005/10/21(金) 23:20:14 ID:???
特集かと思ったら、時々やってる“最近亡くなった人を偲ぶ”のコーナー内の
ひとつだったのね…

手紙で
“調子がいい時、時間が合うときにみんなでごはん食べに行きたいね。
フカヒレとか、美味しいおかゆとか…。
こんな事ばっかり言ってわたしったら、いやしんぼ”
ってくだりがもう…。あのかわいらしい字で…。

で、最後のナレーションで
“この手紙の2日後、杉浦さんはペンを持てなくなりました…”
いやしんぼの杉浦さんにもっとこの世にいて欲しかった
。・゚・(ノД`)・゚・。

73 :愛蔵版名無しさん:2005/10/22(土) 00:10:42 ID:???
おお72さん、可愛らしいお手紙の内容をありがとう。
文字もさぞかしおかわいらしかったのでしょう・・・

ご冥福、お祈り申し上げます。
日向子ワールドに出会えてほんとうによかった。

74 :愛蔵版名無しさん:2005/10/22(土) 01:48:52 ID:???
>>72
ありがとう

。・゚・(ノД`)・゚・。

75 :愛蔵版名無しさん:2005/10/28(金) 18:42:26 ID:???
報道ステーション見逃した方へ
ttp://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/special/051019_2.html
マルチスマソ

76 :愛蔵版名無しさん:2005/10/28(金) 18:53:15 ID:???
>>75
ありがとう

77 :愛蔵版名無しさん:2005/10/29(土) 01:18:44 ID:???
>>75
ありがとう!

78 :愛蔵版名無しさん:2005/10/29(土) 03:42:00 ID:???
現在の杉浦さんスレ一覧
ttp://find.2ch.net/?BBS=ALL&TYPE=TITLE&STR=%BF%F9%B1%BA%A1%A1%C6%FC%B8%FE%BB%D2&COUNT=10

79 :愛蔵版名無しさん:2005/11/06(日) 17:04:11 ID:???
ttp://c11l4v5g.securesites.net/osakanabook/index.html
↑のバックナンバーの001〜004に日向子先生のエッセイがのってるよ!

80 :愛蔵版名無しさん:2005/11/07(月) 02:55:37 ID:???
>>79
ありがとうございました<(_ _)>

81 :愛蔵版名無しさん:2005/11/07(月) 21:21:02 ID:???
古典嫌いの数学好きで、絵を描くのが嫌いだった女の子がアレだもんなぁ〜
ほとんど「マンガの神」が降りてきたとしか思えんな。

昔、中島梓さん達と中国に行った時に、日向子さんがスケッチをしているのを見たのは一度だけで、
またある時日本の新聞記者に「ちょっとマンガかいてくれ。」と言われ日向子さんは
気軽に応じたが、「アトムをかいてくれ。」と言われるとガンとして応じず逃げ回り
仕方なく中島さんが描いてやると、それが翌日の中国の新聞に載ってしまったそうだ。



82 :愛蔵版名無しさん:2005/11/09(水) 15:45:56 ID:???
>>79
トンクス!
>>81
面白い話ですね。

83 :愛蔵版名無しさん:2005/11/23(水) 13:12:25 ID:Emca40sS
保守あげ

湯豆腐の季節だね
小鍋と熱燗でマターリ

84 :愛蔵版名無しさん:2005/11/25(金) 22:44:49 ID:???
うちでは火鉢を出しました。
野暮め野暮めと書いてみせw

85 :愛蔵版名無しさん:2005/11/30(水) 21:19:07 ID:???
亡くなってしまったが、今日は杉浦さんの誕生日age

86 :愛蔵版名無しさん:2005/11/30(水) 22:18:28 ID:???
そうだったのか。では記念カキコしとこう…

87 :愛蔵版名無しさん:2005/12/02(金) 00:02:37 ID:???
ちょっと遅かったかな
おめでとう杉浦さん

88 :愛蔵版名無しさん:2005/12/05(月) 20:10:45 ID:???
遅ればせながらおめでとう日向子さん・・・
テツゾー好きだから北斎展見てきました。
テツゾーの絵のパワー、なんだありゃ。
晩年の絵ほど凄かった。まだまだ死ぬ気じゃなかったんだろなぁ・・・
日向子さんにもまだまだ生きて欲しかった

89 :愛蔵版名無しさん:2005/12/08(木) 04:13:39 ID:???
14日の徹子の部屋は追悼特集らしいです
杉浦さんが出るかどうかまでは分かりません

90 :愛蔵版名無しさん:2005/12/11(日) 11:15:35 ID:???
北斎作品 パリの美術館で発見

この龍の絵は、パリのフランス国立ギメ東洋美術館に4年前、フランス人の浮世
絵収集家から寄贈されたもので、闇の天空を舞う勇壮な龍が描かれています。こ
の夏、浮世絵を専門に所蔵する東京の太田記念美術館が、ギメ美術館で展覧会を
開催した際、副館長の永田生慈さんの鑑定で、北斎の肉筆画であることが確認さ
れました。さらに、この展覧会に出品されていた、北斎の傑作の1つとされる「
雨中の虎」という絵と、この龍の絵は、表装がまったく同じで、しかも、龍と虎
の目線がぴったり合うことから2つの絵は、1対の作品として描かれたことがわ
かりました。作品には、それぞれ北斎が絵を描いた当時の年齢を示す「九十」と
いう文字が記され、90歳で亡くなった北斎の絶筆に近い作品とみられるという
ことです。今回の発見について、ギメ美術館のジャリージュ館長は「龍と虎の目
線があった時は、たとえようのない感動でした」と話していました。また、永田
副館長は、「北斎の最高傑作のひとつです。晩年の様子をうかがううえで重要な
発見です」と述べて、龍と虎の百数十年ぶりの再会の意義を評価しています。こ
の2つの絵は、「龍虎の図」という1対の作品として、再来年1月から、東京や
大阪でも公開される予定です。

12/11 06:45

NHKニュース【動画あり】
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/11/d20051211000027.html

91 :愛蔵版名無しさん:2005/12/12(月) 01:26:15 ID:???
>>90
公開が楽しみですなー

92 :愛蔵版名無しさん:2005/12/12(月) 01:30:58 ID:???
今週の徹子の部屋 12月13日(火) 今年亡くなった方々 -7月〜12月追悼-
ttp://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/html/051213.html

93 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 07:10:35 ID:lqRimTj9
新聞は原さん追悼になってるけど、まとめてやるのですか?
徹子の部屋随分前にみたきりなので・・・・・・・・・


94 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 08:44:25 ID:???
>>93
亡くなった人の特集は一人あたり数分づつ、何人も回想する形のはず。毎年そうだから。

95 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 13:30:48 ID:???
徹子の部屋キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

96 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 13:33:33 ID:???
44歳時の映像で34歳で隠居の理由と蕎麦の話してました

97 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 13:58:49 ID:???
顔はむくんでいても元気そうで
きれいだけどなあ・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

98 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 20:10:18 ID:???
ああ・・・なんで14日の放送だと思ったんだろ・・・orz

99 :愛蔵版名無しさん:2005/12/13(火) 21:56:40 ID:???
隠居の裏にはやっぱ病気があるんだよね。
隠居宣言して生きがいを感じたみたいなコメントが記憶に残ったけど

100 :愛蔵版名無しさん:2005/12/19(月) 22:52:42 ID:???
今、6チャンネルの今年なくなった人々コーナーみたいなのに
杉浦さんがしゃべってるところがちょっとだけ放送されてた。

101 :愛蔵版名無しさん:2005/12/26(月) 16:42:30 ID:???
「ゑひもせす」が再版されます
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575939870/503-1599298-9709503

102 :愛蔵版名無しさん:2006/01/04(水) 22:34:34 ID:???
全集の呑々漫画って
小説現代に連載されたもの全部じゃないんでしょうか?
どなたかわかる方、答えてください。よろしくお願いします。

103 :愛蔵版名無しさん:2006/01/05(木) 13:34:33 ID:???
「答えてください」って・・・

104 :102:2006/01/05(木) 20:26:46 ID:???
>>103
スマソ
改めまして、どなたかわかる方、教えてください。よろしくお願いします。

105 :愛蔵版名無しさん:2006/01/06(金) 02:13:20 ID:???
全集には56話(1頁完結55話+スペシャル1話)収録されてますが、
連載されていたものがすべて載ってるかどうかは知りぃせん。

106 :愛蔵版名無しさん:2006/01/15(日) 11:42:49 ID:???
あっちのスレ落ちたんだね

107 :愛蔵版名無しさん:2006/01/16(月) 00:55:58 ID:???
さっきBS2でやってたんだが
アラーキーの去年10月に出た「写真ノ話」に
ヒナコさんの写真と対談あるようです。
見た人いますか。

108 :愛蔵版名無しさん:2006/01/18(水) 22:37:37 ID:???
自分書店につとめてますが
今年の夏に筑摩が杉浦フェア用意してるよ
皆さんの近くの本屋さんでやってくれるといいね。

109 :愛蔵版名無しさん:2006/01/18(水) 23:02:36 ID:???
ほほう・・・
だがほとんど持ってるはずw

110 :愛蔵版名無しさん:2006/01/19(木) 04:57:51 ID:???
>>108
筑摩遅すぎ!!

111 :愛蔵版名無しさん:2006/01/20(金) 04:23:16 ID:???
追悼あげ

112 :愛蔵版名無しさん:2006/02/03(金) 10:31:23 ID:???
2006ヴェネチア建築展、故杉浦日向子さんも

ttp://animeanime.jp/news/archives/2006/01/2006128.html


113 :愛蔵版名無しさん:2006/02/03(金) 23:07:20 ID:???
何てことしてくれるんだ。ヴェネチアに行かねばならないではないか。
9月だったら夏休みとれるかな〜とマジでかんがえてしまいますた。

114 :愛蔵版名無しさん:2006/02/10(金) 22:16:57 ID:???
>>107
超亀だけど荒木経惟さんの「写真ノ話」読みました。
対談自体は2004年10月に行われたものです。

対談というより撮影中の雑談を文字におこしたもので、
そこが逆に生々しい感じがしました。

もう病状がずいぶん進行している頃なので、読むと悲しくなってきます。
お二人がとても楽しそうなのに、救われますが
荒木さんがとても優しくて、それにまた泣かされるのです。

私たちが思い出す杉浦さんの顔といえば、あのふくふくとした
微笑みだと思うのですが、この時荒木さんが撮られた写真の杉浦さんは
なんだかドキっとさせられるほど、艶っぽいです
荒木さんは「凄艶」と表現なさってましたが、確かにちょっと凄みもあって
あーこんな表情もするんだと、非常に新鮮でした。
ちなみに写真は1枚しか載っていません。

115 :愛蔵版名無しさん:2006/02/13(月) 22:11:55 ID:???
保守がてら語り
百日紅の因果娘の話、最後まで全体が見えなくてもやもやする。
娘の肩にしがみついてる手は母親の?
でも「お父離してくんろ」と言ってるし、
なんか兄貴の妹への執着も少し異常に見えるな〜ともやもや。

似たようなもやもやは百物語の魂呼びの話にも感じた。
義姉ってことは血は繋がってないだろうにじいさんがあそこまで熱心に呼び戻そうとしたのは何故かとか
義姉の娘の父親も出てこないし、ばあさんが身代わりになるのも何か裏がありそうで。
二作品とも特別好きな話でもないけど、読む度に違和感を感じて頭に残る。

116 :愛蔵版名無しさん:2006/02/14(火) 00:13:41 ID:???
因果娘の手は父親のもの
(両肩に残る母親の手形の痣は尼の話)
父親はヤバイと思うが、兄貴は優しいだけなんじゃないかな

魂呼びの話のもやもやの原因は、あのおっぱいの描写?
下の結末でがったりと老婆のようだったという描写との対比だと思っていたけど
何か裏でもあるのかな
じいさんの呼び戻しはそれほど違和感は感じない、家長の役目だろうし
家族が亡くなったら昔はあんなふうだったんじゃないのかな

それにおばあさんは自分で川にはまってる
おそらく嫁と姑(大姑?)だろうに、優しいおばあさんが印象的
読みが甘杉?

117 :愛蔵版名無しさん:2006/02/16(木) 15:09:23 ID:???
>>116
あそこの家はまだ男子(跡取り)が誕生していないからでは?
自分、結構な田舎に住んでるけど周りはいまだにそんな感じだよ。
XXの家はまた女の子か・・・とかorz

118 :愛蔵版名無しさん:2006/02/27(月) 20:18:19 ID:???
 保守がてらに・・・

「ふしあな」塩川桐子
(深川の遊女・おえん。大工の房吉に心底惚れて、その思いが募って・・・)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091722512/ieiriblog-22/ref%3Dnosim/503-6331163-7307109



119 :愛蔵版名無しさん:2006/03/02(木) 12:48:27 ID:DUnAZARL
あげてみる

120 :愛蔵版名無しさん:2006/03/03(金) 21:37:10 ID:???
久しぶりに「江戸アルキ帖」を読んだ
江戸にいける免許ってどういうしくみになってるのか考えるのが楽しい

121 :愛蔵版名無しさん:2006/03/04(土) 23:45:12 ID:???
「道中でござる」も何気に今日で最終回だった。
杉浦先生のこと、ほとんど触れなかったね。

122 :愛蔵版名無しさん:2006/03/05(日) 16:38:30 ID:???
女優のひとりが言ってたよ
緊張で舞台袖でガクガク震えてたら
杉浦先生が声掛けてくれた、って

123 :愛蔵版名無しさん:2006/03/05(日) 22:56:56 ID:???
NHKはドキュメンタリーで杉浦日向子の軌跡みたいのを制作しないかな。
ゆかりの人たちに話をうかがったり、すごくいい番組になると思うんだが。

124 :愛蔵版名無しさん:2006/03/05(日) 23:14:12 ID:???
>>123
激しく同意。
杉浦日向子さんとの出会いを待っている人は一杯いると思う。

125 :愛蔵版名無しさん:2006/03/05(日) 23:17:53 ID:ui5JQdp9
>>123
んHKがやってくれたら、受信料を払ってやってもいいな。

126 :115:2006/03/15(水) 04:56:16 ID:???
>116-117
遅レスですがご意見ありがとうございます。
自分の考え過ぎというより、その時代の背景を考えてなかったみたいですね。
そのへん精進しよう。
でも第一印象のおかげでこれからもこの二話読むともやもやしそうです。。もやもやも含めて好きです。

話変わるけど今テレビで放映中のアニメ「虫師」のスタッフで百物語やってほしかったり。
内容は「少しリアルにした日本むかしばなし」って感じなんですが江戸〜明治の間くらいの田舎の風景が精密だし
何より日常に棲む不思議の描写が凄い!(あと声やナレーターも落ち着いててw
あ〜こんなクオリティで百物語がみたいな〜と思いつつ見てます。

新聞でクレヨンしんちゃんの映画監督が杉浦先生を「憧れの人」と取り上げてたけど
杉浦作品を映像化する気はないんでしょうかね。個人的には見たいんですが

127 :愛蔵版名無しさん:2006/03/15(水) 13:29:22 ID:???
貼ってみる。
ttp://be.asahi.com/20051217/W25/20051206TBEH0005A.html

128 :愛蔵版名無しさん:2006/03/17(金) 14:47:58 ID:???
白木蓮の件、私もしんちゃんの映画で見て「似てる」と思っていたので、
この記事>127を読んで納得です。

129 :愛蔵版名無しさん:2006/03/17(金) 20:57:22 ID:???
押尾大先生と、よーく考える女優で「とんでもねえ野郎」ドラマ化キボン

130 :愛蔵版名無しさん:2006/03/17(金) 23:52:18 ID:???
唐沢寿明とかの方が適任な気が…

131 :愛蔵版名無しさん:2006/03/22(水) 04:41:20 ID:???
ああいうノリで時代劇が見たい!
ああでも若・おかつ・先生トリオも捨てがたい。
妹尾・井上・野中・本多も大好き!
ああ、みーんなみーんな大好きだ!!!

ああ、今だ目の前が霞んでくるぜコンチキショウメ;;

132 :愛蔵版名無しさん:2006/03/22(水) 11:25:55 ID:???
>>131
時代劇で、台詞まで綿密に考証して全編字幕つき、ってのを見てみたい。

133 :愛蔵版名無しさん:2006/03/22(水) 16:30:26 ID:???
杉浦作品をドラマ化するなら、NHKの金曜時代劇でやって欲しい
「合葬」は無理かなぁ…、生首持ち運びとか今時のテレビでは放送できないか

となると、やっぱり「閑中忙あり」のシリーズか若、おかつ、先生の話かな
おかつの役者さんがちょっと想像できない。

134 :愛蔵版名無しさん:2006/03/22(水) 20:16:49 ID:???
4月15日から神戸市立博物館でビゲローコレクション公開だね。
その中にお栄さんの作品もあったので、四国から行くことにします。

>>133
「合葬」やってもらいたいなあ。

135 :愛蔵版名無しさん:2006/03/22(水) 23:21:01 ID:???
その際は是非「袖もぎ様」も挿入きぼんぬ

136 :愛蔵版名無しさん:2006/03/25(土) 01:12:37 ID:???
もちろん「長崎より」も入れてせつなさ倍増

少年が頭打ちぬかれたり大砲でミンチになったりするけど、
グロを一絡げに規制するんじゃなくて、100年以上前にそうやって生きて
そうやって死んでいった少年らがいましたよって今の子らに知ってもらうのも
意義深いと思うけど・・・無理かなぁ。

137 :愛蔵版名無しさん:2006/03/25(土) 07:32:21 ID:???
>ビゲローコレクション

巡回しないのかな〜
神戸初めてだし旅行がてら足伸ばそうかな

138 :愛蔵版名無しさん:2006/03/25(土) 15:00:34 ID:???
>>137
4月15日から5月28日まで神戸市立博物館で開催したあと、
名古屋ボストン美術館、江戸東京博物館に巡回する。

そうです。
自分は神戸が一番近いので・・・・・・
日程などは年度が変わってからそれぞれのサイトに
出るとは思いますが・・・・
もう出てるところもあるけど。

139 :137:2006/03/26(日) 02:00:33 ID:???
お、情報どうもありがとうございました!
北斎の肉筆は小布施でちょろっと見ただけなので楽しみです。
晩年の北斎が老人の身で小布施まで足を伸ばした事実に、彼の絵への執念を感じて現地で
しみじみ感動に浸ってました。
応為の最後は、弟子の家をフラリ出たまま消息知らず、だそうです。
「お栄ちゃんは仙女修行に出た」と勝手に解釈している百日紅スキーです。

140 :愛蔵版名無しさん:2006/03/28(火) 03:05:07 ID:???
ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 「江戸の誘惑」
ttp://www.asahi.com/boston/

141 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 17:22:45 ID:???
4月5日(水) 23:00〜23:30 NHK総合

ゆるナビ(新番組)◇20代から40代の女性に向けた新しい情報マガジン番組。
仕事や家庭で疲れた女性が、緩やかな時間を過ごせる情報を送る。
・・・さようならの風景では、NHKの番組「お江戸でござる」でも人気を博した
江戸風俗研究家で漫画家の杉浦日向子さんが愛したそば店を訪ねる。



142 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 21:55:13 ID:xqkAtfdV
>>141
とっとと風呂浴びてくる
感謝!!

143 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 23:25:07 ID:HMij7A7X
NHKで杉浦日向子キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! あげ

144 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 23:31:44 ID:???
文庫版によく載ってる若き日のお写真(白黒)が出てきてしみじみ。
あの蕎麦屋の味噌は大分いいモノなんだろうなあ。

145 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 23:43:33 ID:???
昨年、テレビを見れない環境にいて、
先ほどのNHKではじめて杉浦さんが亡くなられていたことを知りました。
脳裏に、「合葬」の激しい雨の夜を落ちていく少年二人の姿が思い浮かんで、
涙がとまらなくなりました。

146 :愛蔵版名無しさん:2006/04/05(水) 23:54:16 ID:???
病院から抜け出して、おそば屋で一杯やって、また病院へ・・・
やっぱりやってたんすね。

147 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 00:20:19 ID:???
膠原病を患っていたと聞いたが白血病が本当だったのか?
どちらにしても今更仕方のない事だが・・

148 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 00:21:32 ID:???
子供の頃のおかっぱで満面の笑み可愛かった

149 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 03:35:35 ID:???
オカーさんも伝説の白犬も可愛かった。

150 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 10:26:07 ID:???
>>148亡くなる前年の著書「ごくらくちんみ」で
眠れない夜、台所で湯のみ一杯の酒をゆっくり飲んでいると
すこしずつ朝になっていく……という描写が心に残った。
充実した孤独感というか。
眠れないっていうのは体調もあったのかな。

この本、ふつうの人なら「うめー」で終わっちゃう味を
スロー再生してあらゆる方向から描写していて読むといつもあーおいしそーと思う。
ものを味わうっていうのも才能なんですね。


151 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 11:06:11 ID:???
150は>>146でした

152 :愛蔵版名無しさん:2006/04/06(木) 22:47:58 ID:qT28ZPuZ
テレビに出るって知らなくて、しばわんこを見たくてゆるなびみてたらびっくりしたw
正座してみてしまった

153 :愛蔵版名無しさん:2006/04/07(金) 02:08:52 ID:???
あと23時間半で再放送

154 :愛蔵版名無しさん:2006/04/07(金) 06:02:04 ID:???
以前、船旅で先生と乗り合わせた事がありました。
俺は廊下ですれ違ってお辞儀するのが精一杯でしたが。
その後、湯布院で下船されたのか、お姿も見えず。残念でした。

他のお客さんの評判では「話が面白い方。うわばみ。」だとか。


155 :愛蔵版名無しさん:2006/04/07(金) 19:54:22 ID:M69DZHrm
う、うらやましい!

156 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 01:12:36 ID:+d6UtfBA
>>17
この人って若いころは軍ヲタだったのね!
俄然興味がでてきた

157 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 01:49:51 ID:???
>>156
エロイカファンの方かしら。

158 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 02:03:39 ID:???
再放送きましたね。
本放送見逃したので、今から見ます。

159 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 02:07:01 ID:???
>>158
おおありがとう見逃すところだったよ。

160 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 02:10:11 ID:???
と、見てたらすぐ終わっちゃった('A`)

161 :愛蔵版名無しさん:2006/04/08(土) 02:13:54 ID:???
もっと長くやってよね。番宣いいから

162 :愛蔵版名無しさん:2006/04/14(金) 17:35:37 ID:???
漫画を描いているところの映像があったら見てみたいな。

163 :愛蔵版名無しさん:2006/04/20(木) 13:52:46 ID:???
>>114
亀ですが写真の話読みました
もともと痩身に加えて
ほそーい首のところが痛々しかったですね
(よくわからないけど、かなり大きな手術跡)

そんな様子でのあの表情、確かにドキッとしました。
わざと媚びているのでも凄んでいるのでもない
無意識に何かを告げている、凄みのある目…。


164 :愛蔵版名無しさん:2006/04/25(火) 17:45:16 ID:???
ちくま文庫で大体揃えているのですが、
背表紙のあたりが汚くなってしまって・・・
買い換えたいけどまた汚しそうで・・・自分だけですか?

165 :愛蔵版名無しさん:2006/04/25(火) 20:58:24 ID:???
ブックカバー使えばよいのでは?

166 :愛蔵版名無しさん:2006/04/25(火) 21:46:49 ID:???
手を洗ってから読むとかw


167 :愛蔵版名無しさん:2006/04/25(火) 23:56:15 ID:???
愛蔵版と日常版とを使い分けるとか

168 :愛蔵版名無しさん:2006/04/26(水) 00:11:57 ID:???
スキャナ/プリンタまたはカラーコピーして、カバーのカバーを作るってのはどう?

学生時代は1冊1冊トレーシングペーパーを被せたりしていたな。遠い日の記憶だ。

169 :愛蔵版名無しさん:2006/04/26(水) 06:10:41 ID:???
買っては汚し、買っては汚し
皆がすれば絶版の可能性が低くなる

170 :愛蔵版名無しさん:2006/04/28(金) 18:15:07 ID:???
過疎スレに見えたのですが皆様結構ロムってらっしゃるんですね。
調べてみたら、計8冊・5,026円でした。
痛い出費ですが注文する予定です。
皆様ありがとうございました。

171 :愛蔵版名無しさん:2006/04/29(土) 00:58:22 ID:???
ちくまのカバーは紙がイマイチではある

172 :愛蔵版名無しさん:2006/04/30(日) 12:15:23 ID:???
そうだ、自分も読み込んで本がヨレヨレなので
改めて保存用に買い直そうかな

173 :愛蔵版名無しさん:2006/04/30(日) 16:46:03 ID:???
>>170
昔点呼が始まったことあったけど結構いたよー

174 :愛蔵版名無しさん:2006/04/30(日) 18:53:28 ID:???
神戸市立博物館のビゲローコレクション、
行ってきました。
お栄さんの絵、力強くて着物の描写などに
西洋画の特徴である立体感を出そうとしてました。
作品が残るような画家でありながら、
生没年不詳、ってあるのをみてちょっと泣きそうになった。
お栄さんや日向子さんはそんなこと関係ないよ
って笑いそうだけど・・・・・・・・・・

175 :愛蔵版名無しさん:2006/04/30(日) 19:09:14 ID:???
まあ洋の東西を問わず昔の画家で生没年がはっきりしてるのは一握りなわけで
作品が残っているだけでも素晴らしいことだと思うお

176 :愛蔵版名無しさん:2006/04/30(日) 19:11:21 ID:???
特に女絵師(画家)なんてあの時代に他にいるんかいな?

177 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 00:05:05 ID:???
西洋ってはっきりしてる人多くないか?
特に19世紀にもなると。

178 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 00:17:30 ID:???
ヨーロッパだと、何世紀も前の家が「これが○○の生家です」とか紹介されて
しかも、フツーに人が住んでたりするのでけっこうおどろく
一方、紙と木の文化の日本は火事ですべてが灰になっちゃうからねー、はかない

179 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 00:54:21 ID:???
葛飾北斎(1760-1849)

ってことはお栄は1700年代後半生まれなのか
結構近年なんだな

180 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 00:58:03 ID:???
そうなんだよね。
フランス革命とか、ショパンやシューマンと同時代なんだけど、
やっぱり職人さんって考え方で伝わってないのかな。
それを言えば、彫師の名前なんてぜんぜんわからないしねえ・・・・・

181 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 01:06:50 ID:???
差別的レスと誤解されそうだが、女だからじゃね?
戦国〜幕末まで女の作家、画家で名前が残ってる人いたっけか

182 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 01:08:03 ID:???
芸術家?としては出雲の阿国がいたか

183 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 01:34:47 ID:???
女性ってのもあるかもしれないけど、(しかも父の手伝いだし)
図録買ったらけっこう?マークがあるんだよね。
喜多川歌麿も生年が?になってるし
鳥山石燕も。

184 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 02:10:32 ID:???
歌麿は存在自体が謎なんじゃなかったっけ(それとも別の画家だったかな)

185 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 13:20:34 ID:???
写楽でしょ

186 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 20:20:54 ID:???
御用絵師やおかかえ絵師じゃないとなかなか後世まで記録は残らないでしょうね

187 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 20:27:42 ID:???
そもそも、市井の絵師の生い立ちを後世に残そうとする人がいるかどうかがが問題ですね
北斎は昭和の半ばまで捨て置かれてたらしいですし。。

188 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 20:39:06 ID:???
東照宮の左甚五郎でさえ誰だかはっきりわかってないってこないだテレビでいってた

突出した一般人の名を積極的に残そうという気は幕府にはなかったのかな
封建制度にそぐわなそうだし

189 :愛蔵版名無しさん:2006/05/01(月) 23:00:22 ID:???
>188
坂口安吾の「飛騨の顔」かなんかに載ってたけど、
ああいう名のない名人ってのがたくさんいて「飛騨の左甚五郎」だったんじゃないかな
全員「オレがオレが」と言わずに「左甚五郎」という名前を継いでいく…みたいな

うまくいえないけど、明治期のヨーロッパ人も日本の名工職人たちを見て
「彼らの自意識には芸術というものがない、あんなに素晴らしい技術を持ってるのに…」って
不思議がってたって話を思い出した

「芸術家」だとおのずと「オレがオレが」って自意識が必須になるけど、
昔の日本の職人にはそういう自意識は特にいらなかったんじゃないのかなあ
北斎さんもお栄ちゃんも自らを「画工」と名乗って何ら違和感ないみたいだし

190 :愛蔵版名無しさん:2006/05/02(火) 02:25:39 ID:???
そうですね、意識の問題が大きいでのでしょうね
製作者そのものにスポットを当てるのは決して当たり前ではないんですね
文化とか、思想というカテゴリーになるのでしょうか?
今でも芸術という枠を離れると、同じような状況はたくさんありますよね

191 :愛蔵版名無しさん:2006/05/02(火) 05:41:22 ID:???
京極夏彦さんの「鉄鼠の檻」だっけ、
画商が伝統工芸の師匠である父親に、
「お前の名が残るのではない、作品が残るのだ」
って叱責される回想があったけど、あの場面思い出した。



192 :愛蔵版名無しさん:2006/05/02(火) 14:07:48 ID:???
新日曜美術館「肉筆浮世絵 天才絵師たちの挑戦」

チャンネル :教育/デジタル教育1
放送日 :2006年 5月 7日(日)
放送時間 :午前9:00〜午前9:45
再放送   :午後8:00〜午後8:45

ttp://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/31-09282.html

いまやってるボストン美術館浮世絵展の紹介です


193 :愛蔵版名無しさん:2006/05/03(水) 21:48:57 ID:???
>>189
そういう西洋の「芸術家」概念だって、成立したのはルネサンスからじゃないかな。

「ミロのビーナス」も「ラオコーン」も作者の名は伝わっていないはず。

194 :愛蔵版名無しさん:2006/05/03(水) 22:54:15 ID:???
ふとこの流れで「東のエデン」の主人公の
「この国には職人はいても芸術家はいない!
道具はあっても美術品はない!すべてが遊びにとどまり、高尚なものの
存在に気付こうとさえしないのだッ!」
というセリフを思い出した。

ところでPHP文庫の今月の新刊に
「杉浦日向子の江戸塾」がありますね
単行本には未収録の対談も載ってますよ


195 :愛蔵版名無しさん:2006/05/04(木) 15:30:50 ID:???
「隠居の日向ぼっこ」新潮社 
読んだ方います?

196 :愛蔵版名無しさん:2006/05/04(木) 21:40:24 ID:???
家名、看板、暖簾を代々守ることが将軍さまから一般庶民まで共通の誇りだったんだもんね

197 :愛蔵版名無しさん:2006/05/06(土) 19:34:13 ID:???
北斎先生ってとてつもない数の弟子がいるんだな。まぁ巨匠だし長生きだから当たり前
かもしんないけど。

198 :愛蔵版名無しさん:2006/05/06(土) 20:20:44 ID:???
イワシ頭のベッピン写真のヒナンコ先生はどこのテレサテンかと思ってしまひました。

199 :愛蔵版名無しさん :2006/05/06(土) 21:10:47 ID:???
東京観音の招き猫に囲まれてるヒナコ先生がかわいい。

200 :愛蔵版名無しさん:2006/05/06(土) 21:54:46 ID:???
>>185
「写楽は誰だ!!」のビデオで、のっけから「正直まぁ〜た写楽か、とゆう感じ
なんですけれども〜」とにこにこしながらコメントする先生を見て、まぁ〜た
バッサリやっちゃったかアンタ!!と心の中でつっこんだ懐かしい思い出

201 :愛蔵版名無しさん:2006/05/07(日) 00:10:44 ID:???
北斎=写楽説ってあるの?

202 :愛蔵版名無しさん:2006/05/07(日) 01:50:48 ID:???
>>201
説はある。宝島社新書「真説・写楽は四人いた!」とか

203 :愛蔵版名無しさん:2006/05/19(金) 20:49:45 ID:???
閑中忙ありをドラマでみたい。
もっと年取ってからの妹尾達の話が読みたい。
朝子は大きくなると美人になるんだろうな〜

204 :愛蔵版名無しさん:2006/05/20(土) 02:11:19 ID:???
>>203
自分は、後年の彼らって必ずしも幸せじゃなかったんじゃないかと思う。
江戸と明治のあいだの、エアポケットみたいな時空を、彼女は描いたんじゃないかな。

本多は西南の役で戦死、朝子は実家が没落して…
なんてのは読みたくない。

205 :愛蔵版名無しさん:2006/05/20(土) 14:40:17 ID:NVNcszmC
浮世絵の本で読んだけど(書名失念ですまん)
直さん(国直)は、百日紅の漫画に描かれてたあたりがキャリアのピークで
そのまま終わった人らしいですね。
真の大成を遂げたのは芳さん(国芳)
その残酷な神のジャッジが、あの滝山おいらんの刺青を
見られたor見られなかったエピソードに象徴されてると思った。

206 :愛蔵版名無しさん:2006/05/20(土) 23:40:52 ID:???
司馬遼太郎さんの命日は菜の花忌だそうだけど、日向子先生はやっぱり百日紅忌かな
語呂はちょっとアレだけど。
そういえば司馬さんのエッセーに「杉浦日向子さんという大変に才能のある人が、
とりつかれたように江戸時代のことをしらべているが・・」というのがあったな。



207 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 00:12:48 ID:???
ttp://uppp.dip.jp/upload.html
36773 P=hinako


208 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 01:00:55 ID:???
>>207
サンクス

209 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 01:21:31 ID:???
>>207
ありがとう

ほんとに美人さんだ

210 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 10:21:57 ID:???
ひさびさにお邪魔しました。
>>206
泣けます。涙が止まらない。
鏡斎!平内、なんとか彼女を生き返らせてくれ〜

211 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 10:30:31 ID:???
>>205
ああ、あれがピークだったんですか・・・・・・・・・・
英泉と同じようにあとで大成したのかと思いました。
あのエピソードで、脇だと思ってた国芳が
大事な刺青を見てるので?とは思ったけど。

212 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 13:56:04 ID:???
そういえば「その点お前は小器用だから剣呑だ!!」って言われてましたね。

213 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 18:54:02 ID:???
>>207は何なのでしょう?

214 :愛蔵版名無しさん:2006/05/21(日) 22:13:03 ID:???
>>205そう思って見るとゾワッときます<酒合戦の話
あれほど腕と人望にあふれた直さんも
それをはるかに上回る器である弟分の芳さんに
敗れ去る近い将来をほんのり暗示している...

215 :愛蔵版名無しさん:2006/05/23(火) 00:00:49 ID:???
>>213
まだ漫画家だったころの雑誌の対談。ゲストで出てる。
写真の日向子さんきれいだよ。

216 :愛蔵版名無しさん:2006/05/23(火) 20:15:33 ID:???
>>215
ありがとう。早速見ました。
おきれいですね。
'80年代でしょうか。

217 :愛蔵版名無しさん:2006/05/23(火) 22:31:08 ID:???
上野山 うごかず 去らで 杜鵑(ほととぎす)
啼く音 血をはく 五月雨のころ

―木城花野女―


218 :愛蔵版名無しさん:2006/05/26(金) 00:53:18 ID:???
たまには保守age

219 :愛蔵版名無しさん:2006/05/29(月) 22:36:28 ID:14LgiEgT
ああ、まだこのスレあったんですねぇ。
直さんについては、日本人名辞典に名前が載って無くて
どういう人だったんだろうと思ってたんですが
やはり、歴史の中に消えちゃったんですねぇ。

お栄ちゃんは後年、光の画家みたいなことを言われたらしいですねぇ。
よく覚えてないんですが、夜の街の光を描いた絵を見た覚えがあります。

お栄ちゃんの絵がらみで好きなのは、竜の話ですね。
直さんの台詞が好きで、善ちゃんのラストの表情が好きです。

220 :愛蔵版名無しさん:2006/06/01(木) 19:00:45 ID:???
「ゑひもせず」という初期作品集を買ったら面白かった。
この人の漫画は大した落ちもないのにどうして面白いんだろう?

221 :愛蔵版名無しさん:2006/06/01(木) 21:59:59 ID:???
さあ早く「とんでもねえ野郎」を読むんだ

222 :愛蔵版名無しさん:2006/06/02(金) 01:02:08 ID:???
「合葬」は読むなよ?いいか、絶対読むんじゃないぞ?!

223 :愛蔵版名無しさん:2006/06/02(金) 03:13:24 ID:???
ちくまのサイトの近刊のところに出てた。

7月下旬(仮)うつくしく、やさしく、おろかなり 杉浦日向子

エッセイ集みたいな感じなのかな?

224 :愛蔵版名無しさん:2006/06/02(金) 23:41:32 ID:???
>>223
>>13 これを単行本化するのかもね



225 :愛蔵版名無しさん:2006/06/03(土) 15:47:56 ID:???
>>12さんのアサヒグラフのやつは、なぜ単行本化されないのだろう?
ちょうど1冊分くらいになると思うけど。カラー作品だし惜しいよな。



226 :愛蔵版名無しさん:2006/06/03(土) 21:15:09 ID:???
>>225 アサヒグラフ掲載ってことは、雑誌のサイズが大きいから(確かB4版)
ある程度買いやすい値段のサイズまで縮小するのが難しいってことがあるのかも。

227 :愛蔵版名無しさん:2006/06/05(月) 23:20:19 ID:???
アサヒグラフにお正月に4cで掲載された
福太郎の4ページの話切り取って持ってる。
かれこれ20年近く前の話・・・

228 :愛蔵版名無しさん:2006/06/07(水) 00:10:59 ID:???
内田裕也について調べてたら娘の内田也哉子という人に辿り着いて
ふと、この人にお栄ちゃんをやらせてみたいと思った。
樹木希林の娘さんであり本木雅弘の奥さんになっちゃってる人ではあるけど。

229 :愛蔵版名無しさん:2006/06/11(日) 16:34:05 ID:???
>228
ヤヤコたんは丸顔だから無理ぽ

230 :愛蔵版名無しさん:2006/06/11(日) 23:04:53 ID:???
受け口で見た目はバンズイイン(思い出せん)長兵衛な女優って…難しいわ

231 :愛蔵版名無しさん:2006/06/12(月) 22:48:39 ID:???
「東のエデン」読んだ。これも凄いねぇ。

232 :愛蔵版名無しさん:2006/06/13(火) 01:35:06 ID:???
>>230
今、受け口ということだけで荒川静香嬢を思い出した
でも彼女は現代でも江戸時代でも美人の部類のような気がしますが

233 :愛蔵版名無しさん:2006/06/16(金) 21:52:00 ID:TYP7QZyt
ありゃりんと

234 :愛蔵版名無しさん:2006/06/17(土) 03:40:11 ID:???
お栄ちゃんが、洗いざらしの髪を風呂上がりに、風になびかせている場面が好き。
自分も栄の字だから、親近感あるのよ。

235 :愛蔵版名無しさん:2006/06/17(土) 09:26:54 ID:???
もう既出かもしれないですけど
98.9.2朝日新聞の記事より お栄の顔

http://imepita.jp/trial/20060617/330260

やっぱり、杉浦先生のお栄ちゃんがいいなぁ。
腮(あご)の四角ナ女

236 :愛蔵版名無しさん:2006/06/17(土) 16:32:13 ID:???
ああ馬鹿野郎、阿呆らしい。

237 :愛蔵版名無しさん:2006/06/17(土) 18:05:03 ID:???
>>235
なんだか(画像の貼り方が)怖いよw
大きい画像なのにボケボケなんだもん。

238 :愛蔵版名無しさん:2006/06/17(土) 20:35:20 ID:???
すいませんでした、携帯写真なので。画面いっぱいに表示されるとは…

239 :愛蔵版名無しさん:2006/06/21(水) 21:08:13 ID:???
リアルは光浦靖子嬢でしょうなあ。
光浦さん朝の連ドラでも着物似合ってるよね
林芙美子かとオモタ

240 :愛蔵版名無しさん:2006/06/23(金) 22:01:10 ID:???
濃縮タイプの冷やし飴売ってた
飲んでみたいが量大杉で手が出ない

241 :愛蔵版名無しさん:2006/06/24(土) 14:49:09 ID:???
麦芽水飴を好きな濃さに薄める(一度火にかけて熔かす)

火をとめてショウガ絞り汁を加える

冷やす

冷やした湯のみかギヤマンの盃に注ぐ

(゚Д゚)ウマー
ショウガは辛いくらいの多目が吉

242 :愛蔵版名無しさん:2006/06/26(月) 23:39:27 ID:uPMbdj89
カンカンノウ キウノレス キュハキュデス

243 :愛蔵版名無しさん:2006/06/27(火) 20:42:59 ID:???
『ぶどうのかおり』車夫達が褌ひとつで全身の彫り物も露わに踊る
「センセイ次に開花節を頼みやす。」のコマ。
このコマに>>13の>うつくしく、やさしく、おろかなり。
を強く感じた。

244 :愛蔵版名無しさん:2006/06/28(水) 02:23:21 ID:???
江戸の長屋って厠と水道井戸の位置がだいぶ近かった様ですけど、何とも思わなかったのかなー
江戸の人。現代人の感覚からすると相当抵抗あると思うけど。

245 :愛蔵版名無しさん :2006/06/29(木) 21:20:52 ID:???
便所の中身は近郷の農家が引き取って肥料にしていたというから、
衛生面で問題なかったんじゃないかな。
ユニットバスで浴槽の隣に便器があっても、清潔にしていれば
気にならないでしょ。

246 :愛蔵版名無しさん:2006/06/29(木) 21:22:38 ID:???
本屋行ったら、新潮社が3冊も文庫化してくれてた。

247 :愛蔵版名無しさん:2006/06/29(木) 22:16:57 ID:???
しかも2軒の本屋で新潮文庫の杉浦作品全部平積みにしてくれてたよー

248 :愛蔵版名無しさん:2006/06/29(木) 22:37:26 ID:???
ウチの近所の本屋も平積みで並んでた

品揃えとか新刊入荷とかに不満ある店だったけど、ちょっと見直した

249 :愛蔵版名無しさん:2006/06/30(金) 23:39:47 ID:???
>>242
長崎ぶらぶら節の映画でそれ歌ってた。

250 :愛蔵版名無しさん:2006/07/01(土) 11:34:44 ID:???
>>241
d
つくって飲んだお(゚Д゚)ウママー
生姜が(・∀・)イーネ

251 :愛蔵版名無しさん :2006/07/02(日) 23:34:12 ID:???
4時のオヤツとごくらくちんみ早速買ったさ。(お江戸でござるは単行本持ってるので省略)
ごくらくちんみ、しおり挟んであったのが「ほねとかわ」のところで、最初に読んで軽く
泣きそうになった。勿体ないのでちびりちびり時間かけて読む予定。

252 :愛蔵版名無しさん:2006/07/10(月) 13:23:52 ID:???
そう言えば、>>9に追加で↓の宮本輝の本にも杉浦先生との対談があったんだっけ
書きこむの忘れてた。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4167348055/250-4656581-9024232?v=glance&n=465392
8月の新刊も楽しみだな〜泣くかもしれないけど。

253 :愛蔵版名無しさん:2006/07/11(火) 23:29:31 ID:oJPUmQtb
age

254 :愛蔵版名無しさん:2006/07/15(土) 19:06:10 ID:d0x+PioA


255 :愛蔵版名無しさん:2006/07/17(月) 23:54:55 ID:T8Czgo56
百日紅

こんな配役で見てみたいな

北斎 → 山崎努
お栄 → オセロ中島
英泉 → 岡田准一
北斎の弟子 → 鈴木京香 or 木村多恵
北斎の弟子(お栄の憧れの人) → 堤真一 or 谷原章介

256 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 00:09:07 ID:???
オセロ中島じゃ美人すぎはしない?
でもドラマだからいいのか。

257 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 01:24:37 ID:???
>北斎 → 山崎努
>北斎の弟子 → 鈴木京香

いい感じだ

258 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 03:10:18 ID:???
昔の北斎漫画という映画じゃ

北斎 →緒形拳
お栄 → 田中裕子
お直 →樋口可南子
滝沢馬琴 →西田敏行

だった、タコの場面が凄かった。

259 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 22:54:56 ID:???
>>258
それずっと見たかったんだ、忘れてた
今度借りてみよう

260 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 23:06:19 ID:???
北斎 → 山崎努
北斎 → 緒形拳

偏屈っぽさで山崎がイイ
他に誰かいるかな?

お栄ちゃんはむずかしいね
ぶっきらぼうが様になってこざっぱりした辛目の顔の女優、いないねぇ

261 :愛蔵版名無しさん:2006/07/18(火) 23:18:29 ID:???
>>260
2016年のクリヤマチアキ。

262 :愛蔵版名無しさん:2006/07/20(木) 23:24:03 ID:???
>>258
お栄に田中裕子っていいね
あの中じゃ一番難しい役どころじゃあるまいか

263 :愛蔵版名無しさん:2006/07/22(土) 18:10:00 ID:bUe0LNaf
ご命日ですね。

この一年、出歩く時は、江戸アルキ帖をかばんに入れてました。
今日は書店で江戸塾の文庫を見つけて、帰りの電車で読みました。
日向子さんの作品のおかげで私はずっと幸せでいられます。
あちらの世界で、身体の調子はすっかり良くなられたでしょうか?
お蕎麦とお酒を美味しく召し上がっていらっしゃいますか?
いつまでもいつまでもファンです。感謝を込めて。

264 :愛蔵版名無しさん:2006/07/22(土) 19:22:06 ID:Sqp4Wo85
今日は蕎麦を食べました。
あちらでもきっと笑顔でおられるのでしょうね。
大好きです。

合掌



265 :愛蔵版名無しさん:2006/07/22(土) 20:33:05 ID:???
合掌。

266 :愛蔵版名無しさん:2006/07/22(土) 21:01:59 ID:???
今日は蕎麦と日本酒で一人しんみりしよう。
合掌

267 :愛蔵版名無しさん:2006/07/23(日) 17:38:14 ID:???
有名人が亡くなって涙を流したのは久しぶりでした。
もう一年経ったのですね。

268 :愛蔵版名無しさん:2006/07/26(水) 22:17:31 ID:???
江戸アルキ帖はよくお風呂の共になる。
適当に開いて適当に読んで束の間の江戸を楽しむ。
ただの時代劇好きに江戸を教えてくれた日向子さんに感謝している。

269 :愛蔵版名無しさん:2006/07/27(木) 20:22:02 ID:???
お栄ちゃん、内山理名なんてどう?

270 :愛蔵版名無しさん :2006/07/28(金) 21:04:58 ID:???
オイラは江角マキコがいいと思う。

271 :愛蔵版名無しさん:2006/07/31(月) 23:22:44 ID:???
よく行く書店のちくま文庫のコーナーに、
杉浦日向子の漫画の平積みがズラリ。
「杉浦日向子と江戸を旅する。」の帯がついていて、
一周忌フェア?(←不謹慎?)
何にせよ、読者が増えるのはよいことだ。


272 :愛蔵版名無しさん:2006/08/01(火) 12:21:29 ID:9THwfYgH
北斎 → 北野武
お栄 → 宇多田ヒカル
英泉 → 浅野忠信
北斎の弟子 → 小雪
北斎の弟子(お栄の憧れの人) →遠藤憲一
キボン
少しはメジャーに。

273 :愛蔵版名無しさん:2006/08/01(火) 15:18:27 ID:???
ビートたけし以外はシラネw

それに北斎役は台詞棒読みじゃ無理だと思う。

274 :愛蔵版名無しさん:2006/08/01(火) 17:00:28 ID:???
宇多田ヒカルのお栄ちゃんはやだなあ

275 :愛蔵版名無しさん:2006/08/01(火) 19:56:11 ID:???
英泉は市川雷蔵で。

276 :愛蔵版名無しさん:2006/08/01(火) 23:09:38 ID:???
色黒、釣り目、アゴといったら、この人しかいないよ。

…オセロの黒いほう

277 :愛蔵版名無しさん:2006/08/03(木) 20:51:54 ID:???
筑摩書房のPR誌「ちくま」8月号に載ってる林丈二氏の文章
「平成五年の日向子さん」が良かった。
本屋には置いてないけど図書館で読めると思います。

たしか前スレで出てた
北斎→原田芳雄
お栄→市川実和子
が自分としてはしっくりくる。

278 :愛蔵版名無しさん:2006/08/04(金) 00:51:06 ID:???
市川実和子って姉妹で女優やってるんだっけ?
姉?妹?

279 :愛蔵版名無しさん:2006/08/04(金) 17:57:33 ID:???
お栄ちゃんはもう少し年取ったら蒼井優がいいかなと思った。
映画一本しか観たことないからなんとなくだけど。

280 :愛蔵版名無しさん:2006/08/04(金) 20:12:51 ID:???
不自然さのないぶっきらぼうさが欲しいんだよね>お栄
一瞬男にも見えるくらいの

281 :愛蔵版名無しさん:2006/08/04(金) 22:36:25 ID:???
そうだね。全く媚びがない感じが大切な要素。

282 :愛蔵版名無しさん:2006/08/05(土) 00:00:06 ID:???
お栄ちゃん照れ屋だからな〜


283 :愛蔵版名無しさん:2006/08/05(土) 01:41:03 ID:???
あの兄弟子へのまったく伝わらないアピール
不器用な男そのものじゃね?

284 :愛蔵版名無しさん:2006/08/06(日) 18:28:33 ID:???
俺は杉浦日向子さんの作品を読んでから江戸に生きた全く無名の
多くの人々の存在を意識するようになったよ。
今、在るという事を全く当たり前として生きてたんだろうなあ、とか思う。

285 :愛蔵版名無しさん:2006/08/11(金) 20:19:13 ID:???
私たちが今あたりまえに生きているようにね。
土の地面をふむと、ときどきこの土を百年前の人も
踏んだのかなあって思うよ。

286 :愛蔵版名無しさん:2006/08/17(木) 19:40:23 ID:???
歴史に出るのは天皇とか有名人とかばかりだからな。
それよりもはるかに多くの市井の人々が笑い苦しみ生きていたんだ。


287 :愛蔵版名無しさん:2006/08/19(土) 01:22:46 ID:???
古本屋で「合葬」見つけた。

ふるえた。

288 :愛蔵版名無しさん:2006/08/20(日) 22:12:55 ID:???
http://www.2chan.net/

289 :愛蔵版名無しさん:2006/08/26(土) 14:29:15 ID:???
内田鉱造「幕末百話」と内田百閧フ書いた物の中に
杉浦さんの漫画の元ネタになってるのがいくつか散見される。

290 :愛蔵版名無しさん:2006/08/26(土) 20:05:55 ID:???
篠田鉱造でした。

291 :愛蔵版名無しさん:2006/08/28(月) 03:43:55 ID:???
前話題になってた『江戸の誘惑』展、in名古屋。
よかったので今さら書き込んでみる。
北斎とお栄ちゃんの合作だっていう解説がつけられている
作品には、ワクワクするね。
本物の絵を前にすると
百日紅はもちろんフィクションだけど
ひとつながりの時間の流れの少しさかのぼったところに
北斎とその娘が生きてたのは本当なんだって感じて
ちょっとにやにやした。

関東の方、そろそろ手帳に東京巡回のチェックを!
ってまださすがに早いかw


292 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 11:31:00 ID:???
>>284-285
同感です
もちろん時代考証家や研究者は途切れずにいた分野だけど
(杉浦さんの師匠の稲垣史生など)
80年代以降の世代に伝わる魅力的な言語と表現をもっていたのは
やっぱり杉浦さんかなと思います。
この人がいなかったら江戸ブームって起きていたかなと。

293 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 12:54:21 ID:???
栗本薫は作品はあんまり読みませんが
ニッポニアニッポン(だったかな)の解説で

「今日が昨日の地続きであること」を、日本人は忘れかけていた。
杉浦さんがそれを思い出させてくれた。

という意味のことを書いていて
そうそうと思った。


294 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 13:19:36 ID:???
うちの田舎には先祖代々の写真が
かもいにずらーっとかかってる。
一番古いのはちょんまげ姿でこそないが
江戸時代に生まれた人だ。(それだけ写真じゃなく肖像画)

杉浦漫画に出会って、そのご先祖さまが
急に身近に思えてきたよ。

295 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 15:05:03 ID:???
よかったなぁ江戸時代は。
最近はどうもぎすぎすしていけない。

296 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 15:05:14 ID:???
江戸時代ではないけど、花輪和一さんの
戦国時代が舞台の作品(タイトル失念orz)の扉絵を見たとき
やはり284-286さんのようなことを思った。
(いろんなタイプの甲冑や具足を身につけた
兵隊たちの、日常のふとした表情を切り取ったスナップを
ズラッと並べたような構成
頭と服を変えればいまでもどこにでもいそうな
おっちゃんやお兄ちゃんの顔ばかりでその描写が見事)


>>289
内田百けんわかったノシ
佃煮一杯食べさせるところですね。
内田鉱造は探してみる。

297 :愛蔵版名無しさん:2006/08/30(水) 17:55:47 ID:???
「辛くねえよ クソジジイ北斎先生!」

原典は「百けん先生」だねー

取り込み方自然でうまいと思った

298 :愛蔵版名無しさん:2006/08/31(木) 04:18:01 ID:???
誰が描いたものか忘れたけど(北斎自身だったかな?)、
北斎が布団(こたつ?)かぶりながら
絵をかいていて、
かたわらにお栄ちゃんがいるという情景を描いた絵が
あるんです。

布団かぶった北斎の様子が「百日紅」のとおーんなじで、
ここから採ったんだなーと思ったら
なんだか楽しくなりました。

299 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 01:05:51 ID:???
佃煮をたべるとついつい思い出す
「辛くねえよ!」

300 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 03:47:25 ID:???
>>292
私は、ちょんまげが受け付けなくて、
江戸時代、ないことにしてました。W

301 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 19:28:43 ID:???
私は、日向子先生の文章を通して、
ちょんまげは皆同じではなくていろんな種類があること
年齢や社会的地位などによって違うこと、
お洒落なちょんまげとそうでないものがもあること
などを知り、それから受けつけるようになりました

302 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 21:33:01 ID:???
よかった。受け付けるようになって。

303 :愛蔵版名無しさん:2006/09/01(金) 22:48:58 ID:???
頭頂部に危機が迫るわたしは、正直いって江戸時代に生まれたかった…

304 :愛蔵版名無しさん:2006/09/02(土) 12:45:21 ID:???
>>303
松尾スズキがエッセイで月代+丁髷は頭頂部が寂しくなった殿様があみだしたに違いない、
そしてイケてるよね!と部下に強要して流行らせたに違いない、
て書いてたのを思い出してしまいましたw


305 :303:2006/09/02(土) 19:19:22 ID:???
>>304
「w」は余計であるぞよ。手打ちにしてくれようか。

手打ちで思い出したがまるでスレ違いの話。

徳川慶喜が静岡に隠居した後写真に興味を持って、写真師に自分に教えるように言ったそうな。
で、写真師が「素人には難しう御座います」とか何とか答えたら「あなたにはできない」と理解した慶喜が激怒。
「そこへ直れ。手打ちに致す」と口走ったんだと。もちろん明治の話、手打ちになどできない。

でも、言われた写真師、怖かったろうな…

306 :愛蔵版名無しさん:2006/09/02(土) 19:56:22 ID:???
ttp://kunekune.breeze.jp/up/uploader/upload.html
1606 p=hinako

307 :304:2006/09/02(土) 20:27:51 ID:???
>>303氏、デリケートな話を茶化したようですみませんでした…
八世朝右衛門に討たれてキマスorz

308 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/09/03(日) 07:20:19 ID:???
>>303
月代には、うっすらと墨を塗って青く見せる化粧法があったんじゃなかったっけ?
(ほりのぶゆき『江戸むらさき特急』にも、
「ここが青くないとバカにされるんだ」というネタがあった)

309 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 09:56:40 ID:???
篠田鉱造「幕末百話」の一八 天意人江戸の落首に

年ゆえか酒の故かは知らねどもまだ禿げるには少しこばやし

というのがあって、これは小林という、若いのに頭の禿げた男を
詠んだのだという説明があったりするから
月代の時代でも禿げは禿げとして扱われてたモヨウ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私の大好きな、そして大切な篠田鉱造氏の著書の中に(略)

『合葬』 あとがき 「日曜日の日本」

とある通り、内田ではなく篠田鉱造です。>>296すみません。

310 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 13:07:18 ID:???
勉強になるな・・・つか面白い

311 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 14:52:28 ID:???
もっと漫画を書いておいて欲しかった。

312 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 15:22:43 ID:???
闘病するために「隠居」と称して漫画やめたわけで
もっと読みたかったのは同意

313 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 16:34:25 ID:???
漫画やめた後も隠居といいつつエッセイは
出してたような?

314 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 16:45:57 ID:???
エッセイと漫画の労力はかなり違うと思われ
病身とはいえ生活があるんだから収入ゼロというわけにもいかないだろ

315 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 20:53:25 ID:???
だれか来て帰った後の様な気がする。
その為に、あたりが非常に淋しくて、そこに立っていられない。

316 :愛蔵版名無しさん:2006/09/03(日) 22:57:02 ID:???
>>315
いい文章だね。

317 :愛蔵版名無しさん:2006/09/05(火) 12:37:08 ID:???


318 :愛蔵版名無しさん:2006/09/05(火) 22:19:02 ID:???
玄関先に人の気配がし、出て行くと何人もいない事がある。
しかし、確かに今し方去った跡で、その為、辺りが非常に淋しい。

319 :愛蔵版名無しさん:2006/09/05(火) 23:59:46 ID:???
淋しいだけなら受け入れられるが、やるせないのにはまいる。

320 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 00:27:48 ID:???
安野モヨコの吉原女郎漫画「さくらん」が映画化されるらしいが、
杉浦日向子作品を映画化してくれよ、蜷川ミカ監督…
杉浦漫画を生半可に映画化されても困るけど。

321 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 00:43:27 ID:???
日向子さん原作の映画は
日向子さんに時代考証してもらいたかったね・・・

322 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 16:45:23 ID:???
NHKで追悼ドラマでも作ってくれたらいいのに…木曜時代劇あたり。


323 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 19:34:06 ID:???
忙中閑ありがヨイ

324 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 20:00:04 ID:???
映画化やドラマ化ってほとんどが落胆を通り越して怒りを覚えるものが多かったり

325 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 20:45:30 ID:???
どうアレンジされるかを楽しむのもまた一興

326 :愛蔵版名無しさん:2006/09/06(水) 21:20:55 ID:???
どうしてどこでも映画化・ドラマ化の話になるんだろう……
そして延々と配役の話が続く↓

327 :愛蔵版名無しさん:2006/09/07(木) 03:28:04 ID:???
>>315
内田百 『山東京伝』

>>318
杉浦日向子 『百物語』 其ノ七十四

328 :愛蔵版名無しさん:2006/09/14(木) 00:35:21 ID:CL/IUuRi
hos.

329 :愛蔵版名無しさん:2006/09/14(木) 00:49:03 ID:???
狼の眉毛の話だっけ
つくづく身につまされる此の頃

330 :愛蔵版名無しさん:2006/09/16(土) 20:49:52 ID:???
其の人「おじいちゃん殺し」「シルバー漫画家」の異名を授かる。

331 :愛蔵版名無しさん:2006/09/18(月) 16:09:02 ID:7dVyuD4r
「ぶどうのかおり」のラスト、すごくいいですね。
でも宜候(ヨーソロ)の意味がよくわからない。
だれか教えてくれませんか?

332 :愛蔵版名無しさん:2006/09/18(月) 16:28:34 ID:???
>>331
船舶関係用語で「それで良い、そのまま」という意味です。

333 :愛蔵版名無しさん:2006/09/18(月) 20:54:55 ID:7dVyuD4r
>>332
ありがとうございます。
なるほど。
そういえば日向子さんは船の旅が好きなのでしたね。

334 :愛蔵版名無しさん:2006/09/18(月) 22:37:41 ID:???
「ゑひもせす」に収録の「花景色狐巷談」みたいなの、もっと読みたい・・・

335 :愛蔵版名無しさん:2006/09/19(火) 00:06:05 ID:???
先生は学生だった頃に商船大が女子を募集していたら、女性船舶機関士になってたかも
しれないし、原稿料のない「ガロ」をやめて図書館司書になってたかもしれないんだな。
描きつづけてくれて良かった。やっぱり日向子先生も腕をまくると「ガロ」の入れ墨が
あったのだろうかw

336 :愛蔵版名無しさん:2006/09/25(月) 19:02:36 ID:???
金々先生栄花夢
ttp://133.11.199.8/cgi-bin/KateiDsp2/1/16/1/0615/katei3/both/gray8/on/100/%8B%E0%81%58%90%E6%90%B6%89%68%89%D4%96%B2

337 :愛蔵版名無しさん:2006/09/25(月) 21:49:48 ID:???
金々先生は日向さんの解説があったなぁ。どこかに。

338 :愛蔵版名無しさん:2006/09/27(水) 15:39:12 ID:???
>>327その描写って百けんという人がオリジナルなのですね…ガーン

339 :愛蔵版名無しさん:2006/10/13(金) 20:58:12 ID:???
一度でいいから何とかこの目で江戸を見てみたい

340 :愛蔵版名無しさん:2006/10/14(土) 00:40:39 ID:???
>>339
吉原へ行け。

341 :愛蔵版名無しさん:2006/10/14(土) 12:33:22 ID:???
>>339
両国の江戸東京博物館はけっこう面白かったぞ。

342 :愛蔵版名無しさん:2006/10/15(日) 13:03:49 ID:???
>>338
元話は江戸時代の怪談集だと思う。
森美作殿の話は「諸国百物語」にあるし、
生きながら地獄に落ちた男の話も、元はあるし。
なんともいえない味をもったまんがに翻案する人
ですよね。
高田衛さん編・校注、岩波文庫の
「江戸怪談集」上・中・下巻おすすめです。
古文だけど意味は取れるし。


343 :愛蔵版名無しさん:2006/10/15(日) 13:06:38 ID:???
>>338
あ、すみません、早とちりしてた。
その文章のオリジナルのことを言ってられたんですね。

344 :愛蔵版名無しさん:2006/10/15(日) 22:40:18 ID:???
>>342
いい情報をありがとう。
杉浦さんがどんな物を目にして参考にしてたか凄く興味があります。

345 :愛蔵版名無しさん:2006/10/28(土) 02:15:14 ID:???
みなさん博識ですねえ。

岩波文庫の青だっけ?日本の古典とか本棚に並んでそう。

ごくらくちんみ 買ってみたけど小説なんですよね。
読むのが怖いような…漫画とはやっぱり違うのでしょうか?

346 :愛蔵版名無しさん:2006/10/30(月) 01:21:35 ID:jQaf/fQM
保守

347 :愛蔵版名無しさん:2006/11/02(木) 22:30:57 ID:9sjtYVCk
夢のお七
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/card45493.html
離魂病
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/card43548.html

348 :愛蔵版名無しさん:2006/11/03(金) 15:45:07 ID:???
江戸時代の怪談に、ニワトリが道端に飛び出てきたと思ったら
女の魂だった、ってのはあるね。


349 :愛蔵版名無しさん:2006/11/07(火) 23:20:21 ID:QPcEhoC9
ごくらくちんみと4時のオヤツ買った。
カバー写真の可愛い日向子さんの笑顔見て朝から泣きたくなった。

350 :愛蔵版名無しさん:2006/11/14(火) 23:42:58 ID:/VkNiFFk
スレ違いぎみですが「ふくしらこ」の描写がたまりません
味覚(五感すべてか)が鋭いというか豊かというか、あらためて感心させられます

ところでエッセイや小説の話しは別板にスレ立てした方がいい・・・ですよね?

351 :愛蔵版名無しさん:2006/11/15(水) 01:51:50 ID:???
今までもこのスレでエッセイなどの話は出てましたよ。
ここで構わないんじゃないかと。
私は最近の読者で未読が多いので、
むしろここでして頂きたいぐらいです。

352 :137:2006/11/18(土) 02:41:00 ID:???
行ってきましたビゲローコレクション!
北斎に圧倒されまくり!!
「鉄蔵すげー!!」
「お栄ちゃん、親娘コラボだね。善ちゃんの絵は杉浦センセイの書いてた通りだね!」
「直さん芳さん北渓兄さんは年表だけかー」
などと心の中でブツクサいいつつ観賞し終えショップに出て

たくさん並んだ「百日紅」

を目にしたとたんショップのど真ん中で泣きそうになったよ・・・。
分かってやがる、分かってやがる学芸員・・・。
もう一軒展覧会回るつもりだったけど、電車でも泣きそうになったんで
帰って来ちゃったよ・・・。畜生・・。

353 :愛蔵版名無しさん:2006/11/18(土) 16:35:54 ID:???
>>352
江戸東京博物館だったら杉浦さんは関係者みたいなもんですからね。
知ってる人も多いと思うが銀座レンガ街のディオラマの風俗考証担当者の一人だったし。

354 :愛蔵版名無しさん:2006/11/18(土) 18:50:09 ID:???
じゃあ常設展も覗いてくれば良かった・・・。
心ボロ泣きだったんでヨロヨロ帰って来ちゃったよ・・。

本当に、本当に、まだまだ活躍して頂きたかった。

355 :愛蔵版名無しさん:2006/11/21(火) 22:23:18 ID:wuWvRg8V
保守アゲ

蕎麦食べたい

356 :愛蔵版名無しさん:2006/11/23(木) 16:28:39 ID:???
杉浦さんがアシスタント時代(といってもデビュー後だが)を語った資料って何か
ないですかね。
やまだ紫さんは、杉浦さんが亡くなった時、かつてアシであった杉浦さんについて
自身のHPで「自分の娘たちに「ペンギンねいさん」と呼ばれていました・・」
「お正月にはご両親の出身地である米沢のおせち料理をいただいたりしました。
若くして亡くなられたのは本当にかわいそうです。」と語っていたな。


357 :愛蔵版名無しさん:2006/11/25(土) 00:58:25 ID:???
杉浦さんの名前を発見したので流れとは関係ないけどちょろっと書き込み。
高橋源一郎が書いてたけど、杉浦さんは霊感があったらしい。

358 :愛蔵版名無しさん:2006/11/25(土) 02:40:24 ID:om3h8oZz
>>357
詳しく

359 :愛蔵版名無しさん:2006/11/25(土) 23:23:03 ID:???
>>4の「その日ぐらし」という本に詳しくのってるよ。

360 :愛蔵版名無しさん:2006/11/27(月) 00:55:14 ID:???
オイラもビゲローコレクション見てきました。感想は>>352さんとほぼ同じ。
お栄ちゃんの絵がカッコ良過ぎ。

常設展の方は行った事があるからスルーしようと思いましたが、
アラーキーの企画展があったので入ってみました。
「東京観音」の頃のふっくらとした日向子さんと、2004年のやつれた日向子さん
2枚の写真が、有名人や市井の人々のあいだに展示されていました。

361 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 16:36:17 ID:???
杉浦さんの百日紅と皆川博子さんのみだら英泉、国芳と国直のキャラが真逆でおもしろい

362 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 22:41:19 ID:uGpGBYCG
「ごくらくちんみ」かなり来るね、読みながら胸がチクチク痛む

363 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 03:52:23 ID:???
誕生日記念age

364 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 18:40:35 ID:???
そうか!お誕生日なんですね。
おめでとうございます。

365 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 23:10:11 ID:cEvMoJhN
また生まれていいものを作ってください

366 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 23:04:39 ID:???
「四谷大番町に住む与力某甲の弟にて、おかつと申す者である。
その身の好みなのであろう、幼少の時より万ずに女子のごとき体で
あったが、成長してもその形貌を更めず、髪も髢を出し、丸髷にして
櫛・笄を差している。衣裳は勿論、女のように幅広の帯を締めているので、
一見して誰も男だろうとは思わぬものの、心つけて見れば、歩きざまなど、
女子のようではないと判る。今(天保三年)、四十歳ばかりの年頃であろう。
妻もあり子供も幾人かあり、針医を業としている。四谷では、これを「おんな男」と
唱えて、知らぬ者とてない。年来、かかる異形の人ではあるが、悪事を働いたとは
聞かない。且つ与力の弟という事もあるのだろう、何の咎めも受けずに過ごしている」

滝沢馬琴『兎園小説余録』より

367 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 02:58:59 ID:???
>>366
へぇ〜

368 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 19:52:21 ID:2Q7V2ukL
合葬に感動した。

369 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 23:37:32 ID:mz2f6NoA
「ごくらくちんみ」とてもイイんだけど、句読点がちょっと大杉。
意図的なのかな?エッセイでは気にならなかったんだが。

370 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 04:28:36 ID:???
349 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/05/06 20:14

>>343
手とかは生きてる時にいろいろ使って情報が多い部位だから、
出やすいって、むかし杉浦日向子センセイも言ってたなあ。

351 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/05/07 00:13

杉浦日向子って江戸風俗研究のあの人?

369 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/05/09 23:17

349>>351
そう。実は見える人らしい。
描いてた「百物語」って漫画(名作)の連載が終わった時の対談で
そんな話になった時、そういうこと言ってた。
それ一度きりだったから、普段からそういうこと言う人ではないだけに
なんか妙にリアルだったな〜。





371 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 15:05:36 ID:???
吉良供養って面白い着眼点だよね。TVとかで忠臣蔵みかけると思い出すよ。

372 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 21:10:53 ID:KQLVaQ4z
実際吉良の地元では、いい殿様だったとの話だね

373 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 22:52:46 ID:???
誰でもそうだろうが、読んだときすごく新鮮だと思ったよ。
悲しくもなった。

374 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 22:09:52 ID:???
は〜、あられ蕎麦かなんかで一杯やりたいねぇ。

375 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 22:44:57 ID:OavHrGPy
ごくらくちんみの解説に病気や隠居の経緯が書いてあるね

376 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 17:26:08 ID:???
杉浦さん原作で、内田春菊がマンガを描いた作品があるらしいのですが
読まれた方いらっしゃいますか?

内田春菊の『クマグスのミナカテラ』の後書きでそんな感じのことが
書いてあって、どんな感じになるんだろう…?と思って。

377 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 19:51:55 ID:Ffc0SCAN
これかな。前スレで拾った。

815 名前:愛蔵版名無しさん sage 投稿日:2005/07/28(木) 02:11:26 ID:???
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167267144/249-3248864-8857135

435 名前:名無しさん@恐縮です New! 投稿日:2005/07/28(木) 01:56:30 ID:4yFATrSo0
春菊のベッドの中で死にたいのって文庫に入ってる
放流門人魚って短編凄くいいよ 原作が杉浦さんで絵が春菊なんだけど
なんか凄い好き

378 :376:2006/12/23(土) 07:39:59 ID:???
>>377
ありがとうございます。
自分で買うほど内田春菊を好きってわけでもなくて、悩んでたんですが
半分くらいが杉浦さん原作の短編連作なんですね…
遊郭が舞台だし、良さそうかも。


379 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 11:01:19 ID:???
ブックオフで立ち読みしてる時に杉浦さんが出てるのを発見して
高橋克彦「見た!世紀末」って文庫本を105円でw買ってきたんだけど
この中で杉浦さんが自分の前世は宝暦 明和 天明 頃に
小石川の春日町に住んでた武士の後添いだとマジで語ってる。

380 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 11:14:29 ID:???
というか、更に続けて読んでたら、霊が見える話のオンパレード!
しかしこの文庫に出ている杉浦さんは美しいわ。

381 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 16:30:54 ID:3/MI2t0f
どなたか教えてください!
最近になって『百日紅』を読んだのですが、善次郎が人斬りのことで鉄蔵と
話してますよね。その後、回想?シーンで侍姿の善次郎が誰かに横顔を
斬りつけられ、相手の男が倒れる・・・という部分の解釈なんですけど、あれは
善次郎が侍だったとき、誰かを斬ったことがある、という意味なんでしょうか?
何度か読んでみたのですがいまいちよくわかりませんでした orz アタマワルイ
他にも色々聞きたいのですが、諸先輩方のお知恵を賜りたく・・・。
よろしくおねがいします!



382 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 16:53:26 ID:???
そのように解釈してました。

383 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 18:47:36 ID:???
誰がどうみてもそう。

384 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 19:21:24 ID:???
>>381
おもしろいから早くもっといろいろ聞きなさいよ。

385 :381です。:2006/12/25(月) 21:03:55 ID:lKrH9HxA
帰宅しました&携帯から失礼します。
お言葉に甘えてもうひとつ質問させていただきます!
北斎の女弟子・政は、作中で化け物をよく描いていますが、
実際にその作品を観ることはできるのでしょうか?
自分でググったりもしましたが、見つけることができませんでした orz よろしくお願いします!

386 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:07:51 ID:lKrH9HxA
あ、それから先程のお答え皆さんありがとうございました!
すっきりしました!

387 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:20:36 ID:???
今度の質問はわからないのう・・・

388 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 00:10:52 ID:???
女弟子ってお政だっけ?
その人の作品が見たいという意味かな。

389 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 01:37:53 ID:4J/nFiDk
お政が描いた化け物の画が見たいんでしょ
お政の画自体あるんかいな?

390 :381=385,386:2006/12/26(火) 09:48:47 ID:???
>>387 388 389
質問が曖昧ですみません。
お政の作品が現在も残っているのか、という事が知りたかったのです。
出来ることなら見てみたいなぁと・・・。作中ではとても艶のある
女性で、尚且つ化け物好き、という所にとても惹かれたので。




391 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 09:58:56 ID:???
お政=葛飾北明


392 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 10:11:42 ID:???
葛飾北明 立美人図 肉筆 紙本 肉筆浮世絵大観6(講談社1995) 1820s 97.4×29.4cm ¥2,500,000


393 :390:2006/12/26(火) 10:25:48 ID:???
>>392
うわああ、ありがとうございます!
とても手の出る値段じゃないや・・・・^^;


394 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 12:11:01 ID:???
ウェブで見られるとこあるけど。
読本の挿し絵。


395 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 12:44:39 ID:???
これしかわからんかった。

ttp://www.ukiyoe-paintings.com/010-pics/hkmei-b.html



396 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 16:11:10 ID:???
ちくま文庫で言うと上巻の178ページ、般若が子供の頭を掴んでるカットがあるけど
あれは誰の絵なんだろう?小さい頃、お化けの本で見た記憶があるんだけども。

397 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 22:23:29 ID:???
自己レス。分かった。あれは北斎の「笑いはんにゃ」という作品だ。

398 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 22:30:19 ID:???
ttp://www.tnm.go.jp/gallery/material/film/images/frjf_pub/tmb00392/frjf1024/c0028348.jpg

399 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 23:09:35 ID:???
>>398
うぉぉぉ

400 :愛蔵版名無しさん:2006/12/30(土) 21:00:56 ID:???
>>398
あーコレ覚えてるよ。うなされた事あるもん…

401 :愛蔵版名無しさん:2007/01/04(木) 20:59:12 ID:WmqwNJSN
あけおめ

402 :愛蔵版名無しさん:2007/01/04(木) 21:55:28 ID:PcZv+gqN
あけおめ〜〜〜

403 :390:2007/01/06(土) 22:01:58 ID:EZxzpAsb
今日やっと「二つ枕」「とんでもねえ野郎」読みました!
そういえば昨晩の「日本人の好きな偉人」で
北斎の”立田川の紅葉”が紹介されてました
ね!思わずにやりとしてしまいました。

404 :愛蔵版名無しさん:2007/01/07(日) 17:43:30 ID:???
自分も見ましたよ〜
高速カメラ並の動態視力を持っていたというエピソードを見て成程!と思いました。
しかしランキングが随分下だったのが残念…

405 :愛蔵版名無しさん:2007/01/11(木) 11:26:12 ID:PrWU7gsj
デアゴス○ィーニの美術全集、創刊号は北斎ですね。
¥290だし買ってみます。

406 :愛蔵版名無しさん:2007/01/21(日) 14:31:13 ID:KvpaPnR/
保守

407 :愛蔵版名無しさん:2007/01/24(水) 20:52:07 ID:rIv/skl/
いちばん好きな登場人物

ふきちゃんの話の小母さん

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)